TOP > 技術シーズ検索 > オリゴ糖又は単糖の増強された食品又は食品素材と、その製造方法

オリゴ糖又は単糖の増強された食品又は食品素材と、その製造方法

シーズコード S100004406
掲載日 2010年12月7日
研究者
  • 徳安 健
技術名称 オリゴ糖又は単糖の増強された食品又は食品素材と、その製造方法
技術概要 アミノ糖残基を含有する多糖或いはその部分分解物を低分子化してオリゴ糖又は単糖に変換する活性を有する酵素を持つ、1 又は2 以上の食品素材、又は食品素材を含む食品に、基質としてアミノ糖残基を含有する多糖或いはその部分分解物を添加し、酵素を用いて基質を低分子化処理する。ここで、アミノ糖残基を含有する多糖或いはその部分分解物としては、キチン又はその部分分解物や、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸又はそれらの塩が挙げられる。また、オリゴ糖又は単糖としては、N-アセチル-D-グルコサミンや、コンドロイチン硫酸オリゴ糖、ヒアルロン酸オリゴ糖等が挙げられる。食品素材、又は前記食品素材を含む食品が、野菜類或いはその加工残渣、食用キノコ或いはその加工残渣、麹菌培養物、香辛料、及び魚介類内臓のうちのいずれか少なくとも一つに由来するものである。
研究分野
  • 食品の化学・栄養価
  • 単糖類
  • 少糖類
展開可能なシーズ アミノ糖残基を含有する多糖やその部分分解物から、機能性食品成分としての単糖又はオリゴ糖等の低分子化物を、安全に、しかも困難を伴うことなく容易に製造する方法を提供する。
有用オリゴ糖や単糖を含む反応生成物からそれらを単離することなく、そのまま食品素材或いは食品として活用することが可能となる。また、これらの酵素を、食品加工工程において副生される農林水産物・食品素材由来の素材から抽出することにより、バイオマスからの高付加価値素材の製造が可能となる。
用途利用分野 オリゴ糖増強食品
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 徳安 健, . オリゴ糖又は単糖の増強された食品又は食品素材と、その製造方法. 特開2007-189944. 2007-08-02
  • A23B   7/10     
  • A23L   1/226    
  • C12N   9/42     

PAGE TOP