TOP > 技術シーズ検索 > コンバータの出力・位相制御方法

コンバータの出力・位相制御方法

シーズコード S100004425
掲載日 2010年12月7日
研究者
  • 村井 敏昭
  • 柏木 隆行
  • 山本 貴光
  • 長谷川 均
  • 佐野 孝
  • 田中 孝佳
技術名称 コンバータの出力・位相制御方法
技術概要 電力制御用コンバータの等価抵抗R演算部5は、加算器4の出力と位相指令値ψが入力されて、電力制御用コンバータの等価抵抗Rが出力される。ωL演算部6は、電力制御用コンバータの等価抵抗Rと位相指令値ψが入力され、電力制御用コンバータの等価インダクタンスL×ωの値を得る。車上電源としての直流集電電力Pに比例する1/K=R/Zを直接、直流出力にてPI制御して、その出力制御系におけるゲインKと位相指令値ψ及び集電回路インピーダンス式から等価抵抗R及び等価インダクタンスLを決定する。等価抵抗R及び等価インダクタンスLを決定した後、変動パラメータを予め見込んだ等価抵抗Rにより、電力制御用コンバータの駆動時の直流電力の変動を低減する。このように、変動パラメータを予め見込んだ等価抵抗R式を演算する方式を採用することにより、コンバータの駆動時の直流電力の変動を極力低減することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-406876.gif
研究分野
  • 鉄道車両用機器
  • 電力変換器
  • 電気式制御機器
展開可能なシーズ 集電電力に比例する式を用いて直接出力制御することにより、従来のコンバータの出力制御と位相制御の干渉を排除し、良好な出力特性を得ることができるコンバータの出力・位相制御方法を提供する。
変動パラメータを予め見込んだ等価抵抗R式を演算する方式を採用することにより、コンバータの駆動時の直流電力の変動を極力低減することができる。
用途利用分野 超電導磁気浮上式鉄道、超電導リニア用誘導集電コンバータ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, 東洋電機製造株式会社, . 村井 敏昭, 柏木 隆行, 山本 貴光, 長谷川 均, 佐野 孝, 田中 孝佳, . コンバータの出力・位相制御方法. 特開2005-168254. 2005-06-23
  • H02M   7/00     
  • B60M   7/00     
  • H02M   7/48     
  • H02J  17/00     

PAGE TOP