TOP > 技術シーズ検索 > 列車保安制御装置用ソフトウェアシミュレーション装置

列車保安制御装置用ソフトウェアシミュレーション装置

シーズコード S100004426
掲載日 2010年12月7日
研究者
  • 岩田 浩司
  • 西堀 典幸
  • 平尾 裕司
  • 日だか 康子
技術名称 列車保安制御装置用ソフトウェアシミュレーション装置
技術概要 ソフトウェアシミュレーション装置は、信号保安装置に搭載するソフトウェアをシミュレーションするための装置であって、所定の区間及び各駅毎に列車検知及び連動処理を行うプロセスを実行する1以上の駅処理と、1以上の駅処理の起動条件を管理する起動管理プロセスと、1以上の駅処理での列車検知条件と列車検知結果等の列車制御に要するデータを記憶する共有メモリとを備える。ここで、1以上の駅処理と起動管理プロセスは、1台のコンピュータ内で稼動するOS(Operating System)によって実行され、共有メモリは、1台のコンピュータで稼動するOSの各プロセス間通信用の共有メモリである。また、1以上の駅処理と起動管理プロセスとの間で通信される列車検知条件と列車検知結果等の列車制御に要するデータを共有メモリに記憶することにより、複数の装置がネットワークで接続された信号保安装置を、1以上の駅処理と起動管理プロセスにより1台のコンピュータでシミュレーションすることができる。
研究分野
  • 信号,保安
  • 停車場,操車場
展開可能なシーズ 複数の駅がネットワークで接続され、各駅毎に列車検知処理並びに連動処理を行う構成のシステムにおいて、複数のソフトウェアを1台のPCで効率的に検証することができるソフトウェアシミュレーション装置を提供する。
列車等を安全に制御するための複数の信号保安装置で実行される各装置のデータを1台のPCの共有メモリに記憶することによって、各々が入出力を有する複数の信号保安装置を接続したネットワーク構成で、列車検知処理・連動処理・異常処理などの検証が1台のPCで簡易に行うことができる。
用途利用分野 信号保安装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, 日本信号(株), . 岩田 浩司, 西堀 典幸, 平尾 裕司, 日だか 康子, . 列車保安制御装置用ソフトウェアシミュレーション装置. 特開2005-170174. 2005-06-30
  • B61L  27/00     

PAGE TOP