TOP > 技術シーズ検索 > 浮上式鉄道の駆動制御装置

浮上式鉄道の駆動制御装置

シーズコード S100004427
掲載日 2010年12月7日
研究者
  • 水谷 麻美
  • 麦屋 安義
  • 石井 秀明
  • 田中 茂
  • 加賀 重夫
  • 黒部 久名
  • 重枝 秀紀
技術名称 浮上式鉄道の駆動制御装置
技術概要 駆動制御装置4は、走行パターン出力装置3から出力される速度指令v*と、速度検出器6から出力される検出速度vとを比較し、比例・積分追従制御によって速度追従トルク電流指令Iq1*を出力する速度制御部41を備えている。車両1が停止目標位置からある残り距離Xに達したとき、トルク電流指令切替装置46をトルク電流演算装置45側に切り替え、演算サンプリング毎に車両1の検出位置xから残りの距離Xを演算し、検出速度vと残り距離Xから車両1が出力するべき加速度指令(減速度を含む)αを演算する。ただし、残り距離がゼロとなった場合は、加速度指令αは前回演算値を使用することでゼロ割演算を防ぐ。さらに、この加速度指令αに適応する推力指令を演算し、走行抵抗Fdを加算してダイレクトに電流指令値Iq1*に換算することで、速度制御による遅れや追従誤差の影響を排し、また、演算サンプリング毎に加速度指令αを再演算することで、車両重量Mや電流換算係数Sfに誤差がある場合でもその影響を最小限に抑えることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-413777.gif
研究分野
  • 鉄道車両用機器
  • 動力車
  • 線路構造,軌道材料
展開可能なシーズ 浮上式鉄道の車両停止時に、停止に必要な時間を短縮できる浮上式鉄道の駆動制御装置において、補償を行いながら浮上式鉄道車両を駆動制御できるようにする。
外乱を推定し、トルク電流補償を行うことで、車両重量の誤差、変換係数の誤差および走行抵抗を包括して、補償を行いながら浮上式鉄道車両を駆動制御できる。
用途利用分野 浮上式鉄道
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 財団法人鉄道総合技術研究所, . 水谷 麻美, 麦屋 安義, 石井 秀明, 田中 茂, 加賀 重夫, 黒部 久名, 重枝 秀紀, . 浮上式鉄道の駆動制御装置. 特開2005-176515. 2005-06-30
  • B60L  13/03     
  • B61B  13/08     

PAGE TOP