TOP > 技術シーズ検索 > 電動機制御装置及び車両

電動機制御装置及び車両

シーズコード S100004464
掲載日 2010年12月7日
研究者
  • 古谷 勇真
  • 近藤 圭一郎
  • 山本 貴光
技術名称 電動機制御装置及び車両
技術概要 電動機制御装置は、電気車を駆動する電動機(誘導電動機)30と、燃料電池(燃料電池システム)10と、燃料電池の直流出力を交流に変換して電動機30に出力するインバータ20と、所与の指令信号であるq軸電流指令Iに従ってインバータ20を制御する制御装置(制御システム)50とを備える。この制御装置50は、指令信号に燃料電池出力に基づく所定の進み補償を施す位相進み補償器59を有し、これにより補償された信号に従ってインバータ20を制御する。制御装置50が、インバータ20を、指令信号に燃料電池出力に基づく所定の進み補償を施して補償した信号に従って制御できる。これにより、燃料電池の温度低下によって電動機制御系に発生する振動現象は、燃料電池の出力電圧が出力電流に比べて遅れる、即ち、燃料電池の出力電圧から出力電流までが遅れ系となることに起因すると推定されるが、所定の進み補償として例えば二次の位相進み補償を行うことで、この電動機制御系に発生する振動現象を抑制することが可能となる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-165666.gif
研究分野
  • 鉄道車両用機器
  • 電気式制御機器
  • 電動機
展開可能なシーズ 燃料電池の特性に適した電動機制御、詳細には燃料電池の温度低下によって電動機制御系に発生する振動の抑制が可能な電動機制御を実現可能にする。
燃料電池の温度低下によって電動機制御系に発生する振動の抑制が可能となる。
用途利用分野 電気車、工作機械、製造設備、リフト類、機械装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 古谷 勇真, 近藤 圭一郎, 山本 貴光, . 電動機制御装置及び車両. 特開2005-348528. 2005-12-15
  • H02P  21/00     
  • H02P  27/04     
  • B60L   9/18     
  • H01M   8/00     
  • H01M   8/04     
  • H01M   8/10     

PAGE TOP