TOP > 技術シーズ検索 > MoSi2基シリサイド複合材料およびその製造方法

MoSi2基シリサイド複合材料およびその製造方法

シーズコード S012000042
掲載日 2002年1月29日
研究者
  • 山口 正治
研究者所属機関
  • 京都大学
研究機関
  • 京都大学
技術名称 MoSi2基シリサイド複合材料およびその製造方法
技術概要 2020℃の融点を持ち優れた耐酸化性を有するMoSi2は、Ni基スーパーアロイを越える超耐熱材料として注目されているが、常温における脆さと高温における耐クリープ性の欠如が問題である。単結晶を用いたMoSi2の高温強度に関する詳細な研究により、[001]方位は他の方位に比して圧倒的に高強度であり、[010]方位は低強度であるが、単結晶であれば常温でも変形能を有することが知られた。このMoSi2単結晶の変形と強度に関わる知見に基づき、一方向凝固法によりMoSi2の[010]方向がセラミック長繊維の整列方向が平行になる配向の下に結晶成長させ、MoSi2単結晶マトリクスセラミック繊維強化複合材を製造する。高温強度と耐酸化性を有し、特に高温クリープ強度あるいは低温域における靭性が飛躍的に向上した複合材が得られる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S012000042_01SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 従来のMoSi2基の複合材料は、(1)MoSi2粉末を用いて、焼結、高温プレス、HIP技術を駆使して製造、あるいは(2)MoSi2と金属、金属間化合物あるいはセラミックスの共晶系を利用して、一方向凝固によって製造される。しかし、多結晶MoSi2は1200℃をこえると急激に強度が低下し、容易に塑性流動を起こし、高温強度、特に高温クリープ強度を維持できなくなる。
研究分野
  • 無機工業薬品,無機材料
  • 無機化合物の結晶成長
展開可能なシーズ (1)ジエットエンジン、陸上タービンコンプレッサ
(2)自動車エンジン、化学プラント
(3)ロケット、超音速機エンジン
用途利用分野 高温耐強度を要する構造部品
高温耐酸化性構造部品
関連発表論文 (1)山口正治. MoSi2における異常変形能とその応用 平成7‐9年度(文部省S). MoSi2における異常変形能とその応用 平成7-9年度 No.0. 1998,p.150.
(2)山口正治, 伊藤和博. シリサイド 超高温構造材料の視点から. 月刊新素材. vol.5,no.4,1994,p.73‐77.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人京都大学, . 山口 正治, 乾 晴行, . MoSi2基シリサイド複合材料およびその製造方法. 特開2000-017407. 2000-01-18
  • C22C  47/08     
  • C22C  47/00     
  • C22C  49/12     
  • C22C  49/14     
  • C22C  27/04     

PAGE TOP