TOP > 技術シーズ検索 > 視覚障害者用誘導案内システム

視覚障害者用誘導案内システム

シーズコード S100004468
掲載日 2010年12月7日
研究者
  • 松原 広
  • 明星 秀一
  • 後藤 浩一
技術名称 視覚障害者用誘導案内システム
技術概要 視覚障害者用誘導案内システムは、視覚障害者の音声を認識する音声認識手段2と、音声認識手段からの情報に基づいて目的地を探索するナビゲーション機能を有する処理装置4と、処理装置から探索された目的地を音声合成して報知する報知手段2Fと、タグ情報を受信する受信装置5と、外部装置16からの外部案内情報を無線により取得するデータ受信装置6とを有する携帯端末装置1と、タグリーダー11と送信装置12とを有する視覚障害者用案内杖10と、目的地に至るまでの所定の位置に配置される位置情報を記憶したタグ20とを具備する。さらにこの案内システムは、タグは一般道路に埋設されて位置情報を記憶し、携帯端末装置の記憶装置3に道路の情報、交差点の情報およびランドマークの情報を記憶し、タグとタグリーダーにより、埋設されているタグの位置情報を得ながら、その位置に対応した外部装置16としての信号機60からの無線による外部案内情報及びタグリーダーからのタグ位置情報を享受することで、視覚障害者に十分な道路交通情報を提供し、安全、かつ的確に誘導案内する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-187140.gif
研究分野
  • 移動通信
  • 視覚
  • 医療用機器装置
展開可能なシーズ 一般道路において、簡便に使用することができるとともに、十分な情報が提供され、安全、かつ的確に視覚障害者を誘導案内することができる、視覚障害者用誘導案内システムを提供する。
(A)タグと案内用杖に装着されたタグリーダーにより、的確な位置情報を得ながら、その位置に対応した外部装置からの外部案内情報を受けることにより、視覚障害者は、的確な誘導案内を享受することができる。(B)タグ位置情報の取得とともに、外部装置としての信号機から、横断歩道の横断に関する情報を取得することができ、安全に、しかも、確実に視覚障害者の横断歩道の横断を支援することができる。
用途利用分野 視覚障害者安全・的確誘導
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, . 松原 広, 明星 秀一, 後藤 浩一, . 視覚障害者用誘導案内システム. 特開2005-046607. 2005-02-24
  • A61F   9/08     
  • G01C  21/00     
  • G08G   1/005    
  • H04W  84/10     
  • H04W  64/00     
  • H04W   4/02     

PAGE TOP