TOP > 技術シーズ検索 > 鉄道車両等の駅舎に配置される多機能自動券売機

鉄道車両等の駅舎に配置される多機能自動券売機

シーズコード S100004502
掲載日 2010年12月7日
研究者
  • 長田 実
  • 前橋 栄一
技術名称 鉄道車両等の駅舎に配置される多機能自動券売機
技術概要 まず、A駅において、多機能自動券売機11のファンクショナルキー12の目的地駅入力ボタンを押して目的地駅入力モードに切り換えて、タッチパネル付き表示装置13から目的地駅を入力する。すると、券売機11が予め保持している出発駅情報と照らし合わせて計算された運賃が表示されるので、運賃を投入し、乗車券が発券される。次に、ファンクショナルキー12の各種サービス情報提供ボタンの中から知りたい情報のボタンを押して、サービス情報を取得する。取得するサービス情報としては、目的地駅の施設情報、当該路線の運行情報、目的地におけるイベント関連情報、待合時間を含む目的地への到着時間情報等である。例えば、B駅の施設情報を収集したい場合には、路線図の中のB駅をタッチすると、表示画面に駅構内情報が表示される。これにより、発券時の目的地情報に基づいた各種の情報提供を受けることができ、不慣れな目的地に向かう乗客でも本システムのアシストにより、快適・簡単・スムーズに鉄道車両等の利用ができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-101440.gif
研究分野
  • 輸送と業務
  • 自動販売機
展開可能なシーズ 発券される乗車券に目的地情報を記録し、その目的地情報に基づいたサービス情報を提供することができる鉄道車両等の駅舎に配置される多機能自動券売機を提供する。
出発地駅において、目的地情報に関する様々なサービス情報を自動券売機自体で提供することができるので、駅員は乗客の様々な問い合わせに対して回答する必要がなくなり、本来の駅務に専念することができる。
用途利用分野 駅舎、自動券売機
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 長田 実, 前橋 栄一, . 鉄道車両等の駅舎に配置される多機能自動券売機. 特開2006-285395. 2006-10-19
  • G07B   1/00     
  • G07B   5/00     

PAGE TOP