TOP > 技術シーズ検索 > ワンマン車両の運賃授受方法及びそのシステム

ワンマン車両の運賃授受方法及びそのシステム

シーズコード S100004503
掲載日 2010年12月7日
研究者
  • 前橋 栄一
  • 長田 実
技術名称 ワンマン車両の運賃授受方法及びそのシステム
技術概要 まず、全ての乗客は、乗車時に、整理券発行機11Aからの整理券を受け取る。乗車券・定期券を持たずにワンマン車両10に乗車する乗客は、整理券を受け取り、これを目的地指定・降車券発券・精算機12~15の各種券の投入口に投入する。次に、乗客に路線図付きのボタンで目的地を入力させ、料金表示部に表示する。表示された料金が料金投入口から投入されると、発券口から降車券が発券される。乗車券・定期券を有する乗客は、整理券とともに清算を要する乗車券、定期券を各種券の投入口に投入する。目的地指定・降車券発券・精算機12~15では、乗車券、定期券の有効期限をチェックし、投入された整理券の乗車駅情報を読み出し、乗車券、定期券の乗車区間と照合する。さらに、乗客に路線図付きのボタンで目的地駅を入力させ、目的地と、乗車券、整理券の乗車区間と照合する。その結果、精算を要する場合は、料金が料金表示部に表示されるので、表示された料金を料金投入口から投入すると、発券口から降車券が発券される。降車時は、降車券を第1の出口17の降車券照合機19に投入することで適正な降車駅での降車であるか否かを照合される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-127263.gif
研究分野
  • 輸送と業務
  • 輸送管理
  • 自動販売機
展開可能なシーズ 乗客の乗り降りを迅速に行い、運用区間の所要時間を短縮し、予定通りのスケジュールで運行を行うことができるワンマン車両の運賃授受方法を提供する。
乗車してから降車するまでの空いた時間を利用して、車内で乗車料金の精算を済ませて、降車券を取得して、出口にある降車券照合機でチェックを受けることにより、乗客の乗り降りを迅速に行い、運用区間の所要時間を短縮し、スケジュール通りの運行を可能とする。また、様々な乗車形態にも迅速に対応可能であり、ワンマン車両の利用客の増加を見込むことができる。
用途利用分野 路面電車、バス、郊外鉄道、ワンマン車両
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 前橋 栄一, 長田 実, . ワンマン車両の運賃授受方法及びそのシステム. 特開2006-309277. 2006-11-09
  • G07B  15/00     

PAGE TOP