TOP > 技術シーズ検索 > ICカード管理システム

ICカード管理システム

シーズコード S100004507
掲載日 2010年12月7日
研究者
  • 荻野 隆彦
技術名称 ICカード管理システム
技術概要 利用者が駅改札を通過する際、IC乗車券30と改札システム50との間で近距離無線通信が行われ、IC乗車券30に記憶されているカードID及び残高が改札システム50に発信される。改札システム50では、精算処理が実行され、精算処理後の残高がIC乗車券30に書き込まれて残高が精算額分減額された額に更新される。そして、改札システム50により、IC乗車券30のカードIDと、発信データとしての精算処理後の残高、使用日時、及び改札システム50の設置位置に係る情報とが対応付けられたカード使用情報が生成され、管理側システム90に送信される。管理側システム90では、改札システム50から送信されたカード使用情報に基づいて、不正使用検出処理が実行される。そして、残高が不正に積み増されていると判断された場合、カード使用情報に設定されているカードIDが、不正カードIDとして管理側システム90に接続されている全ての改札システム50に配信される。各改札システム50では、この不正カードIDの一覧が管理され、不正カードIDが割り当てられたIC乗車券の使用が禁止される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-225511.gif
研究分野
  • 輸送と業務
  • データ保護
  • 電子・磁気・光学記録
展開可能なシーズ 管理側システムにおいて、ICカードの使用履歴の特定を基本的に不能として蓄積管理されるデータ自体を無意味化する一方、ユーザが希望した場合等必要に応じて使用履歴の特定が可能なICカード管理システムを提供する。
抽出手段により抽出されたカード情報に基づき、識別ID入力手段により入力された識別IDが割り当てられたICカードの使用履歴を特定することにより、例えば、不正使用が検出された場合には、IC乗車券の使用を禁止することができる。
用途利用分野 チャージシステム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 荻野 隆彦, . ICカード管理システム. 特開2007-041863. 2007-02-15
  • G07B  11/00     
  • G06K  17/00     
  • G09C   1/00     
  • G06Q  40/00     
  • G06Q  10/00     

PAGE TOP