TOP > 技術シーズ検索 > 車軸移動式自転車エルゴメータ

車軸移動式自転車エルゴメータ

シーズコード S110004541
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 小林 寛道
  • 加藤 實
技術名称 車軸移動式自転車エルゴメータ
技術概要 ペダル33a,33b及びペダルアーム32a,32bによりそれぞれ回転力が与えられるペダルアーム回転軸31a,31bと、このペダルアーム回転軸31a,31bをそれぞれ水平方向に支持する移動式台座30a,30bと、移動式台座30a,30bをペダルアーム回転軸31a,31bと直交する向きにそれぞれ往復動可能に支持する下部レール22a,22bと、移動式台座30a,30bをペダルアーム回転軸31a,31bの回転角に基づいて下部レール22a,22bを移動させる一対の移動機構と、ペダルアーム回転軸31a,31bの制動をそれぞれ行う電磁ブレーキ63とを備えている。電磁ブレーキ63には予め定められた負荷がかかり制動がかけられる。このため、オペレータは体重をのせてペダル33aを力強く踏み込み、強い筋力発揮を行うとともに、ペダル33aを持続的に身体の後方へ押すことになる。すなわち、身体重心の下方に着地して筋力発揮を行う感覚を得られるとともに、キック期に相当する筋力発揮を行うことができる。強いペダリング動作が地面を強くプッシュする動きと極めて類似したものとなる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2000-271817.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
  • 生体計測
展開可能なシーズ 理想的な足部の軌跡及び負荷を与えることにより、走運動における運動能力改善を行うことができる自転車エルゴメータを提供する。
オペレータ任意のペダルアーム回転リズムで積極的にトレーニングすることができるため、理想的な筋力トレーニングを行うことができる。走行や歩行に直結する筋群のトレーニングを行うことができるため、走行や歩行の能力改善のみならず、リハビリテーション用としても利用できる。
用途利用分野 運動負荷装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京大学, . 小林 寛道, 加藤 實, . 車軸移動式自転車エルゴメータ. 特開2002-078817. 2002-03-19
  • A63B  22/06     
  • A63B  23/04     

PAGE TOP