TOP > 技術シーズ検索 > 検札支援方法および検札支援システム

検札支援方法および検札支援システム

シーズコード S110004574
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 荻野 隆彦
技術名称 検札支援方法および検札支援システム
技術概要 証明データ管理装置、ユーザ端末装置、認証用端末装置等からなり、電子切符システム1では、端末装置200から電子切符データ発行要求信号が送信されると、サーバ100がその端末装置200と発行された日時指定情報、列車指定情報および座席指定情報を含んだ電子切符データとを対応づけて電子切符データレコードを生成し、電子切符データテーブルに格納する。端末装置200(携帯電話200aあるいは携帯情報端末200b)のユーザは、切符を提示する必要が生じた場合に、サーバ100に電子切符データ確認要求信号を送信することによって、その端末装置200に検札用の識別情報が付加された電子切符データが送信され、電子切符データの内容が表示される。したがって、ユーザは、紙片に印刷された切符や磁気カードに記録された切符等を所持する必要がなく、端末装置を所持するだけで、切符を購入した(電子切符データが発行された)交通機関の利用が可能になる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2000-291697.gif
研究分野
  • 輸送と業務
展開可能なシーズ 金銭の支払い済み証明や契約内容等の一定事項を、証明書面や記録媒体等を用いずに、容易かつ確実に証明できるようにする。
証明データ管理装置が一意的に識別されたユーザ端末装置に証明データを送信することにより、ユーザに係る一定事項の証明を可能とするため、ユーザがユーザ端末装置を所持していれば、証明データ管理装置に管理されている種々の事項について、容易かつ確実に認証することができる。
用途利用分野 金銭支払い済み証明、契約内容証明、運賃支払い済み証明
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, . 荻野 隆彦, . 検札支援方法および検札支援システム. 特開2002-099646. 2002-04-05
  • G06Q  50/00     
  • H04W   4/00     
  • H04W  12/00     
  • H04L   9/32     

PAGE TOP