TOP > 技術シーズ検索 > 座席予約システム

座席予約システム

シーズコード S110004577
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 松原 広
  • 後藤 浩一
技術名称 座席予約システム
技術概要 パーソナル・コンピュータ1は、利用区間、時間帯、日付および利用者IDを座席予約システムセンタ2に送信して座席を仮予約する。座席予約システムセンタは、列車毎に確保した不確定座席枠と、この枠の所定の座席を仮予約した利用者の利用者IDを対応する駅の駅管理装置4に配信する。駅管理装置は、不確定座席枠に空き(発券済みでない座席)があるか否かを判定する。不確定座席枠に空きがあると判定された場合、不確定座席枠の中の次の座席の番号と、その座席を仮予約し、利用可能な利用者の利用者IDのリストを座席データとして改札機5に配信する。不確定座席枠に空きがないと判定された場合、座席予約システムセンタに新たな座席枠を要求し、そして、センタ2から提供された新たな不確定座席枠とその不確定座席枠を利用可能な利用者の利用者IDのリストを受取り、記憶装置42に記憶させる。改札機5は利用者が所持するICカード6から利用者IDを読み出し、駅管理装置4から配信された座席を利用可能な利用者IDのリストの中のいずれかと一致するか否かをチエツクし、一致する場合、その座席の指定席券をその利用者に発券する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-086426.gif
研究分野
  • 輸送と業務
  • 事務管理
展開可能なシーズ 座席予約サービスにおいて、時間帯を指定して座席予約を行うことができる柔軟なシステムを構築し、利用者にとって、スケジュールが確定していなくても簡単に座席予約が行えるようにすると共に、事業者には、柔軟かつ効率的に座席を運用し、無駄を抑制できるようにする。
列車が始発駅から終着駅までの間に停車する各途中駅のいずれかから乗車する利用者も不確定座席枠の利用が可能となるように、途中駅毎に不確定座席枠を割り当て、この枠の中の所定の座席を利用者に割り当てるようにした柔軟な座席予約サービスなので、時間帯を指定して座席予約を行うことができる。
用途利用分野 列車座席予約
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, . 松原 広, 後藤 浩一, . 座席予約システム. 特開2003-281240. 2003-10-03
  • G06Q  50/00     
  • G06Q  30/00     
  • G07B   1/00     

PAGE TOP