TOP > 技術シーズ検索 > 重量物の位置調整装置及び方法

重量物の位置調整装置及び方法

シーズコード S110004579
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 斎藤 正樹
  • 宮本 雅章
  • 浦部 正男
  • 上野 眞
  • 吉松 慎哉
  • 阿部 好則
技術名称 重量物の位置調整装置及び方法
技術概要 位置調整装置1は、重量物に埋設され、内周に雌ねじを設けたガイドブロック102と、雌ねじに螺合する雄ねじを備え上端にフランジを設けた中空のアタッチメント60と、フランジに固定した取付フレーム50と、アタッチメントの内部を通り基台上に載置され取付フレームに反力をとるZ方向伸縮ジャッキ10と、取付フレームに取り付けられ重量物以外の固定壁に反力をとるX方向およびY方向伸縮ジャッキ30を備える。かつ、アタッチメント60、取付フレーム50、X,Y,Z方向伸縮ジャッキ40、30、10は重量物から取り外し自在とする。一方、この装置を用いて位置調整すべき重量物のX、Y、Z三軸方向の位置を容易に調整する方法は、重量物の水平投影面内の3つ以上の位置に、ガイドブロック102を埋め込んだ上下貫通孔にアタッチメント60をとり付け、この位置調整装置1を用いてアタッチメントに結合し、位置調整装置のZ方向伸縮ジャッキ下端の貫通孔101を通って下方に延出させ、重量物を、Z方向伸縮ジャッキを介して基台110上に仮支持し、位置調整装置を連係させてX、Y、Z方向に作動させ、重量物のX、Y、Z方向位置の微調整を行うようにする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-202080.gif
研究分野
  • 鉄道施設・建設一般
  • 荷役・運搬機械,倉庫一般
展開可能なシーズ 狭隘な取付位置に重量物を設置する場合に、重量物の設置位置を高精度で簡単にX、Y、Z三軸方向の据付位置を微調整する位置調整装置、およびこの位置調整装置を用いて重量物のX、Y、Z三軸方向位置を容易に調整できるようにする。
重量物、例えばリニア式自立式ガイドウエイ等を、限られた空間内で三軸方向に位置の微調整を行うことができる。
用途利用分野 重量物三軸方向位置調整
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 東海旅客鉄道(株), (財)鉄道総合技術研究所, (株)ピーエス三菱, . 斎藤 正樹, 宮本 雅章, 浦部 正男, 上野 眞, 吉松 慎哉, 阿部 好則, . 重量物の位置調整装置及び方法. 特開2004-043092. 2004-02-12
  • B66F   3/24     
  • B66F   3/46     

PAGE TOP