TOP > 技術シーズ検索 > 座席予約システムおよび座席予約方法、並びに座席予約プログラム

座席予約システムおよび座席予約方法、並びに座席予約プログラム

シーズコード S110004582
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 松原 広
  • 後藤 浩一
  • 明星 秀一
技術名称 座席予約システムおよび座席予約方法、並びに座席予約プログラム
技術概要 利用者が発券端末4又はPC5により予約申込情報を入力し、センタシステム1にインターネット6を介して送信すると、センタシステム1は、予約申込情報によって指定された各種条件に基づいて、同一の列車に乗車する利用者を所定数のグループに分け、各グループに対して所定エリア内の複数の座席からなる座席群を割り当てる。次に、各利用者に対して対応するグループの所定の座席を割り当て、利用者IDと座席番号を含む座席情報を予約情報として記憶し、発券端末4又はPC5に送信し、駅管理サーバ2に配信する。駅管理サーバ2は予約情報を改札機3に配信し、改札機3は利用者が所持する磁気券又はICカードに対して、そこに記録されている利用者IDに対応する座席情報を記録する。センタシステム1と駅管理サーバ2とは専用回線等を介して予約情報や後述する発券済み情報等を送受信することができる。駅管理サーバ2と改札機3とは、LAN等のネットワークを介して予約情報や発券済み情報等を送受信することができる。また、各駅の窓口の発券端末4は専用回線等を介してセンタシステム1と接続し、指定席の予約を行うことができるようになっている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-339291.gif
研究分野
  • 輸送と業務
  • 事務管理
展開可能なシーズ 利用者の状況や趣向に応じて利用者をグループ分けし、利用者が改札を通る時点で各グループ毎に区分された座席の中の所定の座席を割り当てることにより、状況や趣向が似ている利用者同士が近接した座席に配置されるシステムおよび方法を提供する。
利用者の識別コードに対応する座席番号を予約情報から読み出し、利用者に対して座席番号の指定座席を発行するようにしたので、利用者の状況や趣向に応じて利用者をグループ分けし、利用者が改札機を通る時点で各グループ毎に区分された座席の中の所定の座席を割り当てることができ、状況や趣向が似ている利用者同士が近接した座席に配置されるようにすることができる。
用途利用分野 座席予約システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 松原 広, 後藤 浩一, 明星 秀一, . 座席予約システムおよび座席予約方法、並びに座席予約プログラム. 特開2004-171454. 2004-06-17
  • G06Q  50/00     
  • G06Q  30/00     
  • G06K  17/00     
  • G07B   1/00     
  • G07B  15/00     

PAGE TOP