TOP > 技術シーズ検索 > 磁気浮上式鉄道用超電導磁石外槽容器の製作方法

磁気浮上式鉄道用超電導磁石外槽容器の製作方法

シーズコード S110004592
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 岩松 勝
技術名称 磁気浮上式鉄道用超電導磁石外槽容器の製作方法
技術概要 磁気浮上式鉄道用超電導磁石外槽容器の製作方法において、地上コイルに面した側の第1のケース要素21と、地上コイルとは反対側に面した第2のケース要素22と、前方に配置される第3のケース要素23と、後方に配置される第4のケース要素24と、上面に配置される第5のケース要素25と、底面に配置される第6のケース要素26とを備え、これらの第1~第6のケース要素を突き合わせた突き合わせ部に、第1~第6のケース要素の材質よりも硬い材質の金属搾28を押し付け、金属搾28を回転させながら移動することにより、摩擦熱によって第1乃至6のケース要素を接合する。第1~第6のケース要素はジュラルミン系材質、あるいは第1のケース要素21がアルミニウム系材質、第1のケース要素以外のケース要素がジュラルミン系材質、マグネシウム合金系材質又はチタン系材質からなる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-059989.gif
研究分野
  • 鉄道車両用機器
  • 動力車
  • 線路構造,軌道材料
展開可能なシーズ 簡便で、堅牢であり、低コスト化を図ることができる磁気浮上式鉄道用超電導磁石外槽容器の製作方法を提供する。
この摩擦攪拌接合方法は接合時の熱影響による強度低下が非常に少くなり、堅牢な磁気浮上式鉄道用超電導磁石外槽容器を簡便に、低コストで製作することができる。また、ケース要素間の金属材質、例えば、第1のケース要素とその他のケース要素との金属材質を適宜選択することにより、異種材料同士の接合が可能であり、機械的、かつ電気的に特性の良好な外槽容器を得ることができる。これにより、堅牢な磁気浮上式鉄道用超電導磁石外槽容器を簡便に、低コストで製作することができる。
用途利用分野 磁気浮上式鉄道用超電導磁石外槽容器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, . 岩松 勝, . 磁気浮上式鉄道用超電導磁石外槽容器の製作方法. 特開2005-253191. 2005-09-15
  • B60L  13/04     
  • H01L  39/04     
  • H01F   7/20     
  • H01F   6/00     

PAGE TOP