TOP > 技術シーズ検索 > レール締結装置

レール締結装置

シーズコード S110004672
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 北川 敏樹
技術名称 レール締結装置
技術概要 締結ばね9は、レール4を押さえ付けて締結するばねである。締結ばね9は、例えば、板状のばね鋼を略S字状に折り曲げて形成した板ばねであり押さえ金として機能する。押付部9aは、レール4の底部上面4dを長さ方向に連続して押さえ付ける部分である。押付部9aは、レール底部4bの底部上面4dと密着してこの底部上面4dを押圧する。また締結ばね9は、軌道スラブ2にレール4を締結するときには、この軌道スラブ1枚当たり2本程度の締結ボルト(締結部材)8によってこの軌道スラブ2に装着され、まくらぎにレール4を締結するときには、まくらぎ3~4本当たり1本程度の締結ボルト8によってこのまくらぎに装着される。押付部9aは、板ばねの弾性力によって底部上面4dを略均一の加圧力によって押さえ付けるように平板状に形成されているため、離散的にレールを締結する構造に比べてレールの振動を抑えることができ、振動によって発生する騒音を低減することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-069760_1.gif thum_2005-069760_2.gif
研究分野
  • 線路構造,軌道材料
展開可能なシーズ レールの振動を抑えて騒音を低減させることができるレール締結装置を提供する。
多数の締結ボルトによって締結する必要がなく、レールの敷設工事等における作業負担を軽減できる。
用途利用分野 省力化軌道用レール締結装置、低騒音レール締結装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 財団法人鉄道総合技術研究所, . 北川 敏樹, . レール締結装置. 特開2006-249832. 2006-09-21
  • E01B   9/00     

PAGE TOP