TOP > 技術シーズ検索 > 超電導磁気浮上式鉄道用地上コイル装置及びその製造方法

超電導磁気浮上式鉄道用地上コイル装置及びその製造方法

シーズコード S110004675
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 鈴木 正夫
  • 饗庭 雅之
  • 田中 実
  • 岡田 重紀
技術名称 超電導磁気浮上式鉄道用地上コイル装置及びその製造方法
技術概要 推進・浮上・案内機能を有する巻線コイル1と、巻線コイル1上に配置される表面に導電性処理を施したFRP板2と、FRP板上に配置される表面強化のための保護層3と、巻線コイルとFRP板2と保護層3を一体化する封止樹4脂とを具備する超電導磁気浮上式鉄道用地上コイル装置である。保護層3はガラスクロスシートからなるか、又はガラスマット上に金属メッシュを有するか、又は導電性ポリウレタンフォーム上に導電性不織布を有するか、又はガラスクロスシート上に導電性ラバーシートを有する。コイル成形時に導電性処理を施したFRP板と表面強化のための保護層を金型にセットしてエポキシ樹脂等のモールド樹脂4により一体化させて超電導磁気浮上式鉄道用地上コイル装置を製造する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-072441.gif
研究分野
  • 鉄道車両用機器
  • 動力車
  • 線路構造,軌道材料
展開可能なシーズ 電気絶縁性が高く、かつ機械的強度にも優れた保護層を有する超電導磁気浮上式鉄道用地上コイル装置及びその製造方法を提供する。
電気絶縁性が高く、かつ機械的強度にも優れた保護層を有する超電導磁気浮上式鉄道用地上コイル装置を提供できる。すなわち、一体成形によりコイル内部に保護層を内蔵させるため、施工のバラツキが解消され、信頼性の高い地上コイルが提供できる。保護板を後作業で取り付ける必要が無く、日常の保守作業において、省力化が狙える。
用途利用分野 電導磁気浮上式鉄道地上コイル装置、コイル破損防止
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, タカオカ化成工業(株), . 鈴木 正夫, 饗庭 雅之, 田中 実, 岡田 重紀, . 超電導磁気浮上式鉄道用地上コイル装置及びその製造方法. 特開2006-262542. 2006-09-28
  • B60L  13/03     

PAGE TOP