TOP > 技術シーズ検索 > 車両の誤出発防止システム及び設備機器の誤操作防止システム

車両の誤出発防止システム及び設備機器の誤操作防止システム

シーズコード S110004744
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 澤 貢
  • 佐藤 清
  • 水上 直樹
  • 鈴木 綾子
技術名称 車両の誤出発防止システム及び設備機器の誤操作防止システム
技術概要 出発信号機の信号現示が停止信号から停止信号以外の信号に変化する前に、車両を誤って出発させるのを防止する車両の誤出発防止システム1である。車両の戸閉め完了が通知されてから所定時間経過する前に、この車両を出発させるための操作をしたときに警告を発生する警告発生手段8を備える。警告発生手段8は、所定時間経過する前に車両のブレーキ装3置を緩解させたときに警告を発生する。所定時間経過するまで車両のブレーキ装置の緩解を禁止するように指令する緩解禁止指令手段を備える。設備機器の操作を許可する通知がされてから所定時間経過する前に、この設備機器を操作したときに警告を発生する。更に所定時間経過するまで設備機器の操作を禁止するように指令する操作禁止指令手段を備える。このため、所定時間内は運転士に安全確認を徹底させ、出発信号機Sの信号現示を運転士が十分に確認せずに車両Vを出発させないように運転士に注意を喚起することができる。所定時間内はブレーキ装置3の緩解を許可しないことで出発信号機Sの確認を運転士に常に義務付け習慣化させ教育することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-198357.gif
研究分野
  • 鉄道車両用機器
  • 線路構造,軌道材料
  • 信号,保安
展開可能なシーズ 簡単な構成で安価に車両の誤出発や設備機器の誤操作を防止することができる車両の誤出発防止システム及び設備機器の誤操作防止システムを提供する。
車両の戸閉め完了が通知されてから所定時間経過する前に、この車両Vを出発させるための操作をしたときに警告発生装置が警告を発生するため、所定時間内は運転士に安全確認を徹底させ、出発信号機Sの信号現示を運転士が十分に確認せずに車両Vを出発させないように運転士に注意を喚起できる。また、従来のような地上側の設備が不要になり、車両側の既存の設備を利用して安価で簡単にシステムを構成することができる。特に、地方鉄道や閑散線区などでは低コストでシステムを構成することができる。
用途利用分野 車両誤出発防止、設備機器誤操作防止
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 澤 貢, 佐藤 清, 水上 直樹, 鈴木 綾子, . 車両の誤出発防止システム. 特開2007-015527. 2007-01-25
  • B61L  23/00     
  • B61L  29/00     
  • E02F   9/20     
  • E05F  15/10     

PAGE TOP