TOP > 技術シーズ検索 > 運転整理処理装置及びプログラム

運転整理処理装置及びプログラム

シーズコード S110004759
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 平井 力
  • 富井 規雄
  • 田代 善昭
  • 近藤 繁樹
  • 藤森 淳
技術名称 運転整理処理装置及びプログラム
技術概要 列車ダイヤの運転整理処理を実行する運転整理処理装置である。ダイヤ変更する列車と、そのダイヤ変更の内容とが予め定められたダイヤ変更パターンに合致するダイヤ部分を列車ダイヤの中から全て検索し、ダイヤ変更内容に従ってダイヤ部分のダイヤを変更する処理を、運転整理処理の前段処理として実行する前段処理実行手段を備える。前段処理実行手段は、運休させる列車に基づいて、ダイヤ変更パターンに合致するダイヤ部分を検索する。コンピュータに、列車ダイヤの運転整理処理を実行させるためのプログラムは、ダイヤ変更する列車と、そのダイヤ変更の内容とが予め定められたダイヤ変更パターンに合致するダイヤ部分を列車ダイヤの中から全て検索し、ダイヤ変更内容に従ってダイヤ部分のダイヤを変更する処理を、運転整理処理の前段処理として実行する。図は、CPUにより運転整理プログラムが読み出されて実行されることにより運転整理処理装置において実行される運転整理処理の流れを示すフローチャートである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-238394.gif
研究分野
  • 輸送と業務
展開可能なシーズ 迅速且つ適切な運転整理を実現する。
前段処理により、大域的な列車ダイヤの変更がなされ、前段処理後の処理の初期解としての列車ダイヤが生成されることになる。従って、前段処理後の処理では、この初期解としての列車ダイヤに基づいて、ダイヤ変更パターンに合致しなかったダイヤ部分についての比較的小規模な修正を行うだけで済むため、運転整理が迅速に行える。また、前段処理では、ダイヤ変更パターンに従った画一的なダイヤの変更がなされるため、ダイヤ変更パターンが予め適切に設定されていれば、初期解として生成される列車ダイヤもまた適切なものとなり、運転整理が迅速且つ適切に行われる。
用途利用分野 列車ダイヤ運転整理処理、ダイヤ変更、列車運行乱れ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 財団法人鉄道総合技術研究所, . 平井 力, 富井 規雄, 田代 善昭, 近藤 繁樹, 藤森 淳, . 運転整理処理装置及びプログラム. 特開2007-050819. 2007-03-01
  • B61L  27/00     
  • G06Q  50/00     

PAGE TOP