TOP > 技術シーズ検索 > コースガイド

コースガイド

シーズコード S110004930
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 仰木 裕嗣
技術名称 コースガイド
技術概要 コースロープ11に沿って水泳をする際の水泳方向をガイドするコースガイド10であって、コースロープ11の側方に配置する軟質浮力体12と、軟質浮力体12をコースロープ11に固定する固定部材13と、を備える。軟質浮力体12は、帯状の形状で、コースロープ11の全長と同一の長さを有する。固定部材13は、軟質浮力体12と一体化され、コースロープ11のフロートに固定されるベルト部材である。さらに、固定部材13は、軟質浮力体12と一体化され、コースロープ11のワイヤに固定されるフック、テープ、又は紐の少なくとも1つを含む。カバー部材は、浮力体と一体化されている。コースロープ11は、ワイヤ15にフロート16が同軸上に取り付けられたものである。フロート16は、外径Dが100~150mmに形成された浮きである。軟質浮力体12は、ネオプレンやハイパロンなどの軟質材で形成されているので、水泳中に、泳者の手等の身体が軟質浮力体12に接触した場合に、軟質浮力体12が水中に沈む程度に変形する。泳者の手等の身体が軟質浮力体12に接触しても、泳者の身体に傷害を負うことがない。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-130243_1.gif thum_2005-130243_2.gif
展開可能なシーズ コースロープに沿って泳ぐ際に、コースロープへの接触の前に泳ぐ方向を変更することを可能とし、身体に傷害を負わないように泳ぐことができるコースガイドを提供する。
コースロープ11に沿って泳ぐ際に、泳者30は、軟質浮力体12に手31等の身体が当たる感覚をたよりに泳ぐことで、コースロープ11に接触する前に泳ぐ方向を変更することができる。軟質浮力体12は、泳者31の手31等の身体が接触した場合には、水中33に沈む程度に変形するので、手31等の身体に傷害を負うことはない。
用途利用分野 コースガイド、水泳コース
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人慶應義塾, . 仰木 裕嗣, . コースガイド. 特開2006-304996. 2006-11-09
  • A63B  69/12     

PAGE TOP