TOP > 技術シーズ検索 > 機器統合のためのネットワーク構築装置

機器統合のためのネットワーク構築装置

シーズコード S110004951
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 中島 達夫
  • 佐藤 一郎
技術名称 機器統合のためのネットワーク構築装置
技術概要 機器統合のためのネットワーク構築装置は、利用者が保有する端末3と、ウェブサーバ(情報を提供するシステム)を内蔵した制御対象となる機器2とを接続したネットワーク網1にゲートウェイ・サーバ4を接続する。このゲートウェイ・サーバは、現在利用可能な機器の情報を自動的に収集して、その内容を端末に提示する自動構成管理手段と、端末から目標となる機器を制御するコマンドが発信されると、このコマンドに含まれるURL(情報資源の種類)を翻訳して目標となる機器にURLでアクセスする機器アクセス手段と、ネットワーク網へ周期的にHTTPプロトコルによる問合わせメッセージを送る検索手段とを備える。機器は、与えられた有効期限内で検索手段からの問合わせメッセージを受取ると、自身の情報を検索手段へ返送し、検索手段は情報をデータベースへ登録するか、或いはデータベースを更新して、情報内で特定された有効期限内に機器に対して問合わせメッセージを送り、端末からの発見要望を受けた場合、検索手段はフルテキスト検索技術を使ってデータベースから現在利用可能な機器を選び出す構成とされる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-008358.gif
研究分野
  • 計算機システム運用管理
  • データ通信
展開可能なシーズ ウェブ・サーバを有する家庭用の機器を修正することなく、複雑なホーム・コンピューティング環境を作るのに必要なディレクトリサービスや自動構成管理と同様の機能を持つことができる機器統合のためのネットワーク構築装置を提供する。
ネットワークで各機器を統合するのに必要な機能が、自動構成管理手段と、ディレクトリ・サービスに相当する機器アクセス手段としてゲートウェイ・サーバに備えてあるので、ウェブ・サーバを有する家庭用の機器を修正することなく、複雑なホーム・コンピューティング環境を構築することが可能になる。また、機器統合のためのネットワーク構築装置によれば、ユビキタス・コンピューティング環境の構築を実現できる。
用途利用分野 ネットワーク構築装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 早稲田大学, . 中島 達夫, 佐藤 一郎, . 機器統合のためのネットワーク構築装置. 特開2003-208366. 2003-07-25
  • G06F  13/00     
  • G06F  15/00     
  • H04L  12/28     
  • H04L  12/46     

PAGE TOP