TOP > 技術シーズ検索 > ネットワーク機器汎用相互通信装置

ネットワーク機器汎用相互通信装置

シーズコード S110004952
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 中島 達夫
技術名称 ネットワーク機器汎用相互通信装置
技術概要 ネットワーク機器汎用相互通信装置は、利用できる機器に応じて、その機器を制御するのに必要なグラフィカル・ユーザー・インターフェースを生成して提示するアプリケーション手段1と、機器を制御するためのコマンドを伝送する入力装置4と、表示手段を備えた出力装置5と、入力および出力装置とアプリケーション手段との間に介在するプロキシ手段とを備える。このプロキシ手段は、機器からの出力イベントとして、アプリケーション手段から汎用相互通信プロトコルによって送られたグラフィカル・ユーザー・インターフェースに含まれるビットマップ・イメージを、利用可能装置検出手段13が選択した出力装置の表示手段に表示できるように、出力装置の特性に従ってコード変換して、このコード変換したグラフィカル・ユーザー・インターフェースを出力管理手段22を備える。更に、入力装置からコマンドを受取ると、マウス或いはキーボードのイベントに変換し、機器への入力イベントとして、汎用通信プロトコルによってアプリケーション手段へ伝送する入力管理手段21と、をプロキシ手段にさらに備えて構成される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-008364.gif
研究分野
  • データ通信
  • 入出力インタフェイス
  • 入出力装置
展開可能なシーズ 標準グラフィカル・ユーザー・インターフェース(ユーザに対する情報の表示にグラフィックを多用し、大半の基礎的な操作をマウスなどのポインティングデバイスによって行なうことができる)をそのまま利用して、一様な手順で機器の制御を行うことができるネットワーク機器汎用相互通信装置を提供する。
利用者がいかなる場所にいたとしても、従来の標準グラフィカル・ユーザー・インターフェースをそのまま利用して、一様な手順で機器の制御を行うことができる。また、あらゆる入力装置や出力装置との接続のために、従来のグラフィカル・ユーザー・インターフェースのツールキットを利用することができる。
用途利用分野 汎用相互通信装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 早稲田大学, . 中島 達夫, . ネットワーク機器汎用相互通信装置. 特開2003-208402. 2003-07-25
  • G06F  15/00     
  • G06F   3/048    

PAGE TOP