TOP > 技術シーズ検索 > 反発形磁気浮上ユニット及びこのユニットを用いた搬送システム

反発形磁気浮上ユニット及びこのユニットを用いた搬送システム

シーズコード S110005008
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 大路 貴久
  • 山田 外史
技術名称 反発形磁気浮上ユニット及びこのユニットを用いた搬送システム
技術概要 反発形磁気浮上ユニット(以下、ユニットと称する)1は、複数配列することによって物品を搬送する搬送システムを構築するもので、ユニットの主な構成は、ベース部2と、この両端に設けられたストッパ部3a、3bと、ベース部上に設けられ、中心軸(回転軸)4を浮上させた状態で軸支するステータ磁石台5a、5bと、浮上する中心軸を振動させる電磁石からなる駆動用コイル6a、6bと、コの字型形状であり、両側の凸部に夫々駆動用コイルを嵌め込みベース部上に固定する駆動用固定子(鉄心)7と、駆動用コイルに駆動電流を印加して駆動(振動)させるコイル駆動部8で構成される。回転軸4は、ステータ磁石9a、9b内を貫通(貫装)し、ステータ磁石と対峙する軸の側面に、ステータ磁石と反発し合う磁場を有する環状のロータ磁石10a、10bが嵌め込まれる。この構成において、電磁石に交流電流を供給した際に、磁性体と交流電流との間に周波数に応じた吸引力が発生し、回転軸が振動され載置された物品を移動する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-148189.gif
研究分野
  • 電磁機器
展開可能なシーズ 反発する磁力により浮上されて回転可能に軸支され、電磁場により浮上方向に振動する回転軸を有する反発形磁気浮上ユニットおよびこのユニットを複数配列して、回転軸によって物品を搬送可能になるようにする。
回転軸(中心軸)が浮上しているため機械的な接触する箇所がごくわずかであり、機械的な摩擦や磨耗の問題や振動、騒音の問題が極めて少ない。特に、オイルのような潤滑剤を使用しないので、搬送システムを設置された周辺に汚れや臭い等の悪影響を与えず、摩擦等による金属ダストが発生せず、衛生的な環境下での使用ができるので、例えば、食料品加工や薬剤の生産等の搬送システムとして用いることができる。
用途利用分野 食品搬送、薬剤搬送、医療品搬送
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人富山大学, . 大路 貴久, 山田 外史, . 反発形磁気浮上ユニット及びこのユニットを用いた搬送システム. 特開2004-347097. 2004-12-09
  • B65G  27/24     
  • F16C  32/04     
  • B06B   1/04     

PAGE TOP