TOP > 技術シーズ検索 > 移乗作業支援器具

移乗作業支援器具

シーズコード S110005009
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 小泉 邦雄
技術名称 移乗作業支援器具
技術概要 被介護者の抱き上げ、抱き下ろしをともなう移乗作業を支援する移乗作業支援器具であって、上下に伸縮動作可能なアシスト手段と、アシスト手段の上部に連設されて被介護者の両脇下を支える支持アームと、アシスト手段の下部に設けられた車輪と、アシスト手段を伸縮動作させる操作部とを備えている移乗作業支援器具である。以下、より詳しく説明する。支持アーム10は、略コ字状の部材であり、移乗作業時に被介護者の両脇下に当てられ、両脇下から身体を支える略平行に配置された一対の支持部11と、各支持部11の端部を連結する連結部12とを有している。支柱20の下端は、開口部を有する中空円筒形状の操作部30の上面に接続されている。また、操作部30の下面には、支柱20をその軸方向に進退させる油圧ロック機構付ガススプリング40が接続されている。操作部30は、油圧ロック機構付ガススプリング40を伸縮動作させて支柱20の進退量を調節するものである。油圧ロック機構付ガススプリング40を構成するシリンダチューブ41の基端部には、移動方向を自由に変えることができる1輪の自在キャスタ(車輪)60が取り付けられている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-067906.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
  • 生体代行装置
展開可能なシーズ 被介護者に不安感や恐怖感を与えることなく、介護者の移乗作業の負担を軽減することが可能な移乗作業支援器具を提供する。
上下に伸縮動作可能なアシスト手段と、アシスト手段の上部に連接されて被介護者の両脇下を支える支持アームと、アシスト手段の下部に設けられた車輪とを備える構成としたので、被介護者に違和感や不安感を与えることなく、介護者の移乗作業の負担を軽減することが可能となる。
用途利用分野 介護者移乗作業支援
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人富山大学, . 小泉 邦雄, . 移乗作業支援器具. 特開2006-247131. 2006-09-21
  • A61G   7/10     
  • A61G   5/00     
  • A61H   3/04     

PAGE TOP