TOP > 技術シーズ検索 > 日射遮蔽物

日射遮蔽物

シーズコード S110005018
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 赤坂 裕
技術名称 日射遮蔽物
技術概要 複数枚のスラット1により構成されるブラインドやシャッタ等の日射遮蔽物である。この場合、スラット1の長手方向の所定の箇所に設けられ、スラット1に対して傾斜する平板状の角度調整部4と、角度調整部4の角度を変えるための操作紐(操作部材)8、9、10とを備える。好ましくは、スラット1の一方の面2の日射反射率及び放射率を比較的大きくし、他方の面3の日射反射率及び放射率を比較的小さくする。そして、夏の冷房時には面2を室外に向けるように調整し、冬の暖房時には面3を室外に向けるように調整して、省エネルギ効果、温熱快適性の向上を図る。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-235983.gif
展開可能なシーズ ブラインドやシャッタ等の日射遮蔽物において、スラットの両面を適宜な角度に設定できるようにし、更には日射反射及び日射熱の放射の両特性を適切に設定し、省エネルギ効果、温熱快適性の向上を図る。
スラットの両面を直射日光に対して垂直に近い角度に設定することができ、強い光によるグレアを防ぎながら、スラット間からやわらかい拡散光を取り入れて昼光照明効果を得ることができる。
用途利用分野 ブラインド、シャッタ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 鹿児島大学, . 赤坂 裕, . 日射遮蔽物. 特開2007-051442. 2007-03-01
  • E06B   9/32     
  • E06B   9/386    

PAGE TOP