TOP > 技術シーズ検索 > 鉄を抽出しない新規な遷移金属抽出剤

鉄を抽出しない新規な遷移金属抽出剤

シーズコード S110005088
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 馬場 由成
技術名称 鉄を抽出しない新規な遷移金属抽出剤
技術概要 式[式中、Rは直鎖状又は分岐鎖状の炭素数1~18のアルキル基又はアルケニル基である]で表される化合物又はその塩である。鉄以外の遷移金属の抽出剤として用いる。鉄以外の遷移金属は銅等である。この抽出剤を用いて、遷移金属を含有する水溶液から鉄以外の遷移金属を選択的に抽出する。抽出工程は遷移金属を含有する水溶液とこの化合物を含有する有機相とを接触させることにより行う。希釈液として使用できる有機溶媒としてはトルエン、n-ヘキサン、ベンゼン等が好適である。なお、金属抽出時に抽出剤がゲル化する場合は、改質剤として2-エチルへキシルアルコールを10%程度添加することによって解決できる。水相中には、遷移金属イオンが種々のカウンターアニオンととも存在する。水相としては、例えば電子工業において電子材料の製造工程で排出される廃棄物、自動車廃触媒、めっき廃液等の、鉄イオン及びその他の遷移金属イオンを含有する水溶液が使用できる。図は、N-6-(2-エチルへキシルアミド)-2-ピリジンカルボン酸による各種遷移金属の抽出率E%とpHとの関係を示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-320869_1.gif thum_2005-320869_2.gif
研究分野
  • 各種有機化合物の製造
  • 有機化学反応一般
展開可能なシーズ 新規カルボン酸アミド化合物、この化合物を含有する、鉄以外の遷移金属の抽出剤、並びに抽出剤を用いた鉄以外の遷移金属の抽出方法を提供する。
鉄と鉄以外の遷移金属とを含有する溶液から、鉄以外の遷移金属を選択的に一段階で抽出することができる、化学的に安定な抽出剤が提供される。環境保全、資源回収等の分野で有用である。
用途利用分野 遷移金属抽出剤、金属回収
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 宮崎大学, . 馬場 由成, . 鉄を抽出しない新規な遷移金属抽出剤. 特開2007-126404. 2007-05-24
  • C09K   3/00     
  • B01D  11/04     
  • C02F   1/62     

PAGE TOP