TOP > 技術シーズ検索 > 新規安息香酸ベンジル誘導体及び医薬

新規安息香酸ベンジル誘導体及び医薬

シーズコード S110005111
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 上村 大輔
  • 北 将樹
  • 松本 漠
  • 諏佐 智之
  • 山田 薫
  • 矢澤 一良
  • 山口 宏二
  • 叶 茂
技術名称 新規安息香酸ベンジル誘導体及び医薬
技術概要 式(2)の安息香酸ベンジル誘導体及び式(3)のカルボン酸ベンジル誘導体から選択される1以上の化合物である。特に、これら化合物は血圧降下剤として適用される。(式中、R1~10は、水素、ハロゲン、保護基を有していても良い水酸基、(置換)炭化水素基等の置換基から選択される。但し、全てが水素原子である場合は除く。)式(2)の好適な化合物として、式(1)の化合物、式(3)のの好適な化合物として、式(4)と式(5)の化合物を挙げる事ができる。これらカルボン酸ベンジル誘導体は対応するカルボン酸誘導体及びベンジルアルコール誘導体をエステル化することで容易に合成できる。また、前駆体となる置換基を導入後、後反応により目的の置換基に変換することでも合成できる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-366790_1.gif thum_2005-366790_2.gif thum_2005-366790_3.gif thum_2005-366790_4.gif
研究分野
  • 各種有機化合物の製造
  • 有機化学反応一般
  • 製剤一般
展開可能なシーズ アンジオテンシンⅡ1型受容体拮抗剤、カルシウムチャンネル拮抗剤、血圧降下剤などとして作用する医薬として有用な新規安息香酸ベンジル誘導体を提供する。
本発明の医薬及び式(1)で表される新規安息香酸ベンジル誘導体は優れた血圧降下作用が確認され、血圧降下剤として有用である。
用途利用分野 血圧降下剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人名古屋大学, . 上村 大輔, 北 将樹, 松本 漠, 諏佐 智之, 山田 薫, 矢澤 一良, 山口 宏二, 叶 茂, . 新規安息香酸ベンジル誘導体及び医薬. 特開2007-169188. 2007-07-05
  • A61K  31/235    
  • A61K  31/24     
  • A61K  31/397    
  • A61K  31/415    
  • C07C  69/78     
  • A61P   9/12     

PAGE TOP