TOP > 技術シーズ検索 > 落下水膜の振動抑制装置及び振動抑制方法

落下水膜の振動抑制装置及び振動抑制方法

シーズコード S110005161
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 佐藤 勇一
  • 長嶺 拓夫
  • 三浦 秀一
技術名称 落下水膜の振動抑制装置及び振動抑制方法
技術概要 水膜の背後に水膜の水膜振動によって圧力変動を受ける空間が形成される落下水膜13の振動を抑制する。この場合、落下水膜13が水膜の形状で落下を開始する水膜発生位置から水膜の形状での落下を終了する落下終了位置までの落下距離が、落下水膜13の幅方向において不均一となるように、落下水膜13の落下位置の一部に水膜の形状での落下を終了させる1又は複数個の障害物20を配置し、障害物20が存在しないときに落下水膜13に発生する水膜振動において、落下終了位置の変位と逆位相の変位を発生する位置が、障害物20による落下終了位置となるように設定する。又は、落下水膜13の落下位置に水膜の形状での落下を終了させる、幅方向に傾斜した底板22を配置し、底板22が存在しないときに落下水膜13に発生する水膜振動において、空間に及ぼす圧力変動が打消し合う変位を発生する位置が、底板22による落下終了位置に含まれるように設定する。水膜各点の落下終了位置での水平方向の変位に位相差を発生させて、水膜背後の閉空間の圧力変動を相殺する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-127850.gif
研究分野
  • ダム付帯設備,水路工作物
展開可能なシーズ 堰やダム等から落下する水膜の振動を安定して抑制できる落下水膜の振動抑制方法及び制御装置を提供する。
水膜の水量が多い場合でも、また落下水膜に風などの外乱が加わった場合でも、安定して水膜振動を抑えることができ、この振動に起因する低周波音公害を防止できる。
用途利用分野 ゲート堰、砂防ダム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人埼玉大学, . 佐藤 勇一, 長嶺 拓夫, 三浦 秀一, . 落下水膜の振動抑制装置及び振動抑制方法. 特開2006-307441. 2006-11-09
  • E02B   8/06     

PAGE TOP