TOP > 技術シーズ検索 > 電子放出電極および表示装置

電子放出電極および表示装置

シーズコード S110005166
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 新井 進
技術名称 電子放出電極および表示装置
技術概要 導通基板上に立設する突起物を有し、その突起物は、金属と、その突起物の長さ方向に配向する導電性ファイバとの複合体である。ここで、基準配線7に金属-カーボンナノチューブ(CNT)複合めっき物6を立設させた電子放出電極の集合体である電界放出表示体の一部と、この電子放出電極を構成している1本の金属-CNT複合めっき物6の拡大図とが示される。この場合、電子放出表示体は、いわゆる剣山のような形態を有する。これを構成する電子放出電極において、金属-CNT複合めっき物6中のCNT12は、金属-CNT複合めっき物6の先端方向に配向した状態で存在している。そして、金属-CNT複合めっき物6の先端では、CNT12の先端の一部が突出して埋設されている。なお、このような部分が、電子を放出する部分となる。孔10の径若しくは最長の対角線よりも長いCNT12が金属-CNT複合めっき物6から突出していない場合には、酸処理等によって、金属11の部分を溶かして、CNT12を突出させるようにしても良い。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-344522.gif
研究分野
  • 電子源,イオン源
  • 一般・無機化合物のX線スペクトル(分子)
  • 電気・電子部品
展開可能なシーズ 高鮮明な表示を可能とする電子放出電極およびその製造方法ならびにこの電子放出電極を用いた表示装置を提供する。
電界放出型ディスプレイ(FED)において鮮明な表示を実現することができる。
用途利用分野 電界放出型ディスプレイ、次世代ディスプレイ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人信州大学, . 新井 進, . 電子放出電極および表示装置. 特開2006-156111. 2006-06-15
  • H01J   1/304    
  • H01J   9/02     
  • H01J  29/04     
  • H01J  31/12     

PAGE TOP