TOP > 技術シーズ検索 > 電界放出電極およびその製造方法

電界放出電極およびその製造方法

シーズコード S110005167
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 伊東 栄次
技術名称 電界放出電極およびその製造方法
技術概要 電界放出電極は、複数の炭素網層2が繊維の軸方向と垂直若しくは軸方向と非平行方向に積層し、かつ炭素網層2のエッジを繊維表面から露出させた構造の炭素繊維3が、その炭素繊維3の直径以下の厚みを持つ導電性高分子層4に埋設され、エッジの一部若しくは全部が導電性高分子層4から露出する構造を有している。ここで、例えば800~1200℃で加熱された領域に、金属触媒の存在下で炭化水素ガス(例えば、ベンゼンガス)と水素を流すと、この金属触媒から、板状の炭素プレートレットが繊維の成長方向(長さ方向)に多数積層した構造の炭素繊維3が形成される。また、金属触媒の種類等の製造条件を調整することにより、環状の炭素プレートレットが繊維の成長方向(長さ方向)に多数積層した構造の炭素繊維3が形成される。板状の炭素プレートレット、環状の炭素プレートレット等を、総称して炭素プレートレット(炭素網層)2という。そして、炭素プレートレット2が長さ方向に積層した構造の炭素繊維3は、電界を印加した際に、その長さ方向の端部以外に、炭素プレートレット2のエッジの部分から電子を放出するという性質を有する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-016272.gif
研究分野
  • 電子源,イオン源
  • 一般・無機化合物のX線スペクトル(分子)
  • 電気・電子部品
展開可能なシーズ より低電圧にて多くの電子を蛍光体に供給できる電界放出電極およびその製造方法を提供する。
電界を印加した際に、炭素繊維の略円筒側面に露出した炭素網層のエッジ部分から電子が放出される。ここで、エッジは、炭素繊維の略円筒側面上に数多く存在するので、炭素繊維が導電性高分子層中に垂直に立設していなくても、低電圧にて蛍光体に向けて多くの電子を供給することができる。
用途利用分野 電界放出型ディスプレイ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人信州大学, . 伊東 栄次, . 電界放出電極およびその製造方法. 特開2006-209973. 2006-08-10
  • H01J   1/304    
  • H01J   9/02     

PAGE TOP