TOP > 技術シーズ検索 > ナノファイバー力学特性評価試験機

ナノファイバー力学特性評価試験機

シーズコード S110005172
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 榎本 祐嗣
  • 高柳 良太
技術名称 ナノファイバー力学特性評価試験機
技術概要 この力学特性評価試験機は、基本機器である電子天秤1と引張り機構2からなる。引張り機構は引張り軸が引張り機構の重心上にあるように軸対象の形状にする。電子天秤1の架台4の上に支柱9および梁10が固設され、そこに駆動源12と上下方向の可動ステージ11が取り付けられる。上下可動ステージ11には、駆動源13と可動ステージ14が連結する。その可動部11には細線条試料100の上部を固定するための上部クランプ15が取り付けられる。秤量面3に戴置可能な錘17に細線条試料100の下部を固定するための下部クランプ16が取り付けられている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-271282.gif
展開可能なシーズ 任意の環境において、ナノファイバー等の脆弱で微細な線条の引張り変形強度、破壊強度、クリープ変形強度など力学特性を精密に測定できる引張り試験機を提供する。
電子天秤を引張り荷重強度の測定手段としているため、従来の引張り試験機と比して精密な荷重分解能の測定精度を実現できる。天秤の本質的部分は改造せず、付属的部分を付加して完成するものであるから、市販の天秤に付属品を戴置すれば足り、測定精度を維持しつつ簡単かつ安価に製造できる。
用途利用分野 引張り試験機、力学特性評価試験機
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人信州大学, . 榎本 祐嗣, 高柳 良太, . ナノファイバー力学特性評価試験機. 特開2007-085737. 2007-04-05
  • G01N   3/08     
  • G01N   3/00     
  • G01N   3/04     

PAGE TOP