TOP > 技術シーズ検索 > 地下埋設物探査装置及び地下埋設物探査方法

地下埋設物探査装置及び地下埋設物探査方法

シーズコード S110005179
掲載日 2011年1月4日
研究者
  • 牛島 恵輔
  • 水永 秀樹
  • 田中 俊昭
技術名称 地下埋設物探査装置及び地下埋設物探査方法
技術概要 地盤に電流を流す電流電極と、2地点間の電位差を測定する電位電極と、電流電極及び電位電極を支持する支持体とを備え、地下の見掛け比抵抗を測定する。電流電極及び電位電極が、針状、線状、突起状のいずれかに形成されているので、地盤に打ち込まなくても、微小な凹凸のある地盤に確実に刺衝又は接触させることができ、地盤と電極との接触抵抗を下げ、繰り返し精度を高めることができ、この結果、埋設物の位置や形状を高精度で探査することができる。電流電極及び電位電極が針状、線状、突起状に形成されているので、地盤に強く押し付けなくても、電流電極や電位電極、支持体の自重等の軽微な力で刺衝又は接触させることができるので、直下に地雷が埋設されていても起爆するおそれがなく、安全に埋設物の探査を行うことができる。これにより、電流電極及び電位電極を地盤に打ち込まなくても、微小な凹凸のある地盤に確実に刺衝又は接触させることができ、地盤と電極との接触抵抗を下げ、繰り返し精度を高めることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-300998.gif
研究分野
  • R,L,C,Q,インピーダンス,誘電率の計測法・機器
展開可能なシーズ 地下の比抵抗を測定して見掛け比抵抗分布を調べ地下の状態、埋設物の位置や形状を予測できる。特に地下に埋設された地雷の位置や形状を高精度に予測できる地下埋設物探査装置及び地下埋設物探査方法を提供する。
埋設物の位置や形状を高精度かつ迅速に探査できる。地盤に強く押し付けなくても軽微な力で刺衝又は接触できるので、直下に地雷が埋設されていても起爆するおそれがなく、安全に埋設物の探査を行うことができる。また、砂地等の乾燥地盤であっても電極との接触抵抗を極力小さくでき、簡単にかつ確実に短時間で高精度の探査を行うことができ、また短時間測定が可能なのでリアルタイム解析も可能であり、さらに測定領域内を移動させて繰り返し測定を行う際の再現性にも優れる。
用途利用分野 地盤ゆるみ調査、地下資源探査、遺跡等文化財調査、電気探査方法、電磁探査方法、磁気探査方法
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人九州大学, . 牛島 恵輔, 水永 秀樹, 田中 俊昭, . 地下埋設物探査装置及び地下埋設物探査方法. 特開2007-108084. 2007-04-26
  • G01V   3/02     
  • F41H  11/12     

PAGE TOP