TOP > 技術シーズ検索 > 低水分領域における土壌水分測定方法及び測定装置

低水分領域における土壌水分測定方法及び測定装置

シーズコード S110005265
掲載日 2011年1月11日
研究者
  • 黒瀬 義孝
技術名称 低水分領域における土壌水分測定方法及び測定装置
技術概要 土壌水分を測定する方法を研究する課程においてpF2.8以上に乾燥した土壌においては、ポーラスカップから水が染み出すとともに管体内に空気が入り、管体内に入る空気の量は乾燥した土壌ほど多くの空気が入り込む。管体内に入る空気の量を測定することにより乾燥土壌の土壌水分の程度を計測できる。土壌水分測定装置は、上端にはゴム栓4が着脱自在に取り付けられ、下端にはポーラスカップ3が取り付けられている透明の管体1の外周に、上端から下方に亘って土壌の含水程度を示す目盛り2が付されている。土壌水分測定装置は従来使われているテンシオメーターと併用し、補完しながら使うと一層有用である。テンシオメーターの上端に目盛りを付するとともに、ポーラスカップから入る空気を確実に上端に溜まるようにすれば、この溜まった空気量により乾燥した土壌の土壌水分の程度を知ることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-010063.gif
研究分野
  • 土壌物理
展開可能なシーズ 乾燥に強い植物でのpF2.8以上の低水分領域における土壌の乾燥程度を測定することのできる安価な土壌水分測定装置を提供する。
乾燥した土壌の土壌水分の程度を測定することができ、乾燥に強い植物の灌水指標として植物の栽培に活用できる。塩ビ管、ガラス管等で形成された透明の管体、ポーラスカップ、ゴム栓で構成されており、その構成部品が少なく安価に造ることができる。
用途利用分野 体積含水率水分量測定、含水比水分量測定、土壌水分圧力水頭測定、TDR水分計、誘電率水分計、ヒートプローブ式水分計、採土法、テンシオメーター
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 黒瀬 義孝, . 低水分領域における土壌水分測定方法及び測定装置. 特開2007-192631. 2007-08-02
  • G01N  33/24     

PAGE TOP