TOP > 技術シーズ検索 > 微細気泡の生成方法及び微細気泡生成装置

微細気泡の生成方法及び微細気泡生成装置

シーズコード S110005290
掲載日 2011年1月11日
研究者
  • 城田 農
  • 真田 俊之
  • 渡部 正夫
技術名称 微細気泡の生成方法及び微細気泡生成装置
技術概要 微細気泡生成装置では、液体を貯留した容器と、気体を案内して、所定位置に設けた放出口から気体を放出する導管と、この導管内の気体を加圧して放出口から気体を放出させる圧力変動手段とを備える。放出口を容器内の液体中に浸漬させて、放出口から気体を液体中に放出させて、放出口から離脱させることにより微細気泡を生成する。圧力変動手段では、気泡の発生に必要となる臨界圧力より低い所定圧力の状態とした導管内の気体を加圧して臨界圧力以上の高い圧力とした後に、導管内の気体の圧力を所定圧力よりも低い圧力に減圧することにより放出口から放出中の気体に付加質量力を作用させて、この付加質量力で放出口から微細気泡を離脱させている。圧力変動手段は、振動体と、この振動体の振動状態を制御する振動制御部とで構成し、振動制御器は、振動体を振動させることにより導管内の気体を臨界圧力以上の高い圧力に加圧した後に、導管内の気体の圧力を所定圧力よりも低い圧力に減圧している。振動体はスピーカのコーンとし、振動制御部は、所定波形の信号を生成する信号発生器と、この信号発生器で生成された信号に基づいてスピーカを駆動させる駆動振動を生成するアンプとする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-212624.gif
研究分野
  • 膜流,液滴,気泡,キャビテーション
展開可能なシーズ 直径が1mmよりも小さいサイズの気泡である微細気泡を液体中に生成する微細気泡の生成方法及び微細気泡生成装置を提供する。
付加質量力によって放出口からの強制的な離脱を生じさせて微細気泡を生成することにより、微細気泡の大きさを制御しやすくすることができ、微細気泡のさらなる微細化を可能とすることができる。コーンを所望のタイミングで、導管内の気体が所望の減圧状態となるように振動させることができるので、付加質量力の大きさ及び発生のタイミングを極めて容易に調整できる。
用途利用分野 マイクロバブル、超音波気泡微細化、スピーカコーン振動
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 九州大学, . 城田 農, 真田 俊之, 渡部 正夫, . 微細気泡の生成方法及び微細気泡生成装置. 特開2008-036502. 2008-02-21
  • B01F   5/06     
  • B01F   3/04     

PAGE TOP