TOP > 技術シーズ検索 > 移動体の規制速度評価システム

移動体の規制速度評価システム

シーズコード S110005315
掲載日 2011年1月11日
研究者
  • 飯倉 茂弘
  • 宍戸 真也
  • 遠藤 徹
技術名称 移動体の規制速度評価システム
技術概要 規制速度評価システム1は、車両Vの規制速度を評価するシステムである。規制速度評価システム1は、軌道R上の堆積物Sの性状を測定し、この堆積物Sの性状に基づいて車両Vの適正な規制速度(制限速度)を評価し、この適正な規制速度を車両Vの運転者に告知する。性状測定装置2は、例えば、各区間R1,…,RNの積雪の密度及び/又は含水率などの性状を測定する。規制速度評価装置4は、例えば、積雪の密度及び/又は含水率などの雪質に基づいて規制速度を評価する。規制速度評価装置4は、沿線の積雪の性状を指標として効率的な運転規制を実施するために、車両走行時の雪の舞上り状況に応じた規制速度を評価し適切な規制速度として設定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-032347.gif
研究分野
  • 線路構造,軌道材料
  • 信号,保安
展開可能なシーズ 移動体の規制速度を高精度に判定して遅延時間の短縮化を図り安全走行に貢献することができる移動体の規制速度評価システムを提供する。
車両Vが鉄道車両である場合を例に挙げて説明したが、路面上を走行する自動車又は航空機などの他の移動体についてもこの発明を適用することができる。また、この実施形態では、堆積物Sとして雪を例に挙げて説明したが、海岸線に沿って敷設された軌道R上に堆積した砂などの他の堆積物についてもこの発明を適用することができる。
用途利用分野 雪舞上り発生原因、列車着雪監視装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 飯倉 茂弘, 宍戸 真也, 遠藤 徹, . 移動体の規制速度評価システム. 特開2007-210445. 2007-08-23
  • B61L  23/14     
  • B61K  13/00     
  • G08G   1/00     
  • G08G   1/16     
  • G01N  15/02     
  • B60R  21/00     

PAGE TOP