TOP > 技術シーズ検索 > 光符号分割多重通信方式

光符号分割多重通信方式

シーズコード S012000132
掲載日 2002年1月29日
研究者
  • 和田 尚也
研究者所属機関
  • 独立行政法人 通信総合研究所
研究機関
  • 独立行政法人 通信総合研究所
技術名称 光符号分割多重通信方式
技術概要 本技術は、光通信における多重伝送方式及び装置、特に非同期の多重アクセスが求められる通信や、受信者が特定された有料放送通信方式及び装置に関連する。本技術は、0、-1または1の3値のいわゆるデュオバイナリ符号に基づく光デュオバイナリ符号を用いることによって、従来の光CDMAと同一のチップレートの符号を用いた場合に、従来より、符号系列の周波数帯域を圧縮することができる。言い換えると、デュオバイナリ符号を導入することによってチップレートを上げることができ、ユーザ数の増加、情報ビットの高速化が期待できる。本技術では、光源から出力される光パルス列は、光変調器によってデータ発生器からのペイロードデータで強度変調され、ON/OFFによってデータ値0、1を表す光信号が生成され、これを光デュオバイナリ符号器に通すことによって光信号はデュオバイナリ符号化され、送信信号となる。受信側では、光デュオバイナリ復号器で復号し、受光素子で電気信号に変換し、閾値素子でペイロードデータの判定・検出を行う。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S012000132_01SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 0及び1のユニポーラ符号を用いるインコヒーレント光CDMAと1及び-1のバイポーラ符号を用いるコヒーレント光CDMAでは、いずれも閾値処理をチップレートで行う必要があったため、閾値処理を行うエレクトロニクス・デバイスの応答速度の限界によってビットレートの高速化が困難であった。
研究分野
  • 光通信方式・機器
  • 移動通信
展開可能なシーズ (1)光符号分割多重伝送アクセス方式
(2)マルチメディヤ通信に適する高速・大容量・非同期光多重アクセスネットワークの基盤技術
用途利用分野 光通信における多重伝送
非同期の多重アクセスが求められる通信
受信者が特定された有料放送
関連発表論文 (1)和田尚也, 外林秀之, 北山研一. SC光源とファイバ格子を用いた時間拡散/波長ホップOCDM. 電子情報通信学会大会講演論文集. vol.1999,ソサイエティ B2,1999,p.305.
(2)和田尚也, 北山研一, 青木拓. 時間ゲート検波法を用いた10Gbit/s光符号分割多重通信. 電子情報通信学会大会講演論文集. vol.1999,総合 1,1999,p.516‐517.
(3)和田尚也, 北山研一. コヒーレント信号処理検波を用いたBPSK符号 OCDM. 電子情報通信学会大会講演論文集. vol.1998,総合 3,1998,p.658.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人情報通信研究機構, . 北山 研一, 久利 利明, 黄 巍, 和田 尚也, . 光符号分割多重伝送アクセス方式及び装置. 特開平10-164010. 1998-06-19
  • H04J  13/00     
  • H04J  14/00     
  • H04J  14/04     
  • H04J  14/06     

PAGE TOP