TOP > 技術シーズ検索 > プラスチックの分解方法及び微生物

プラスチックの分解方法及び微生物

シーズコード S110005370
掲載日 2011年1月11日
研究者
  • 徳山 真治
技術名称 プラスチックの分解方法及び微生物
技術概要 プラスチック分解能を有するサーモアクチノマイセス属に属する微生物又はその破砕物を用いて、プラスチックを分解するプラスチックの分解方法である。プラスチックは、分子構造中にエステル結合を有するプラスチックである。サーモアクチノマイセス属に属する微生物は、サーモアクチノマイセス・ブルガリス、サーモアクチノマイセス・ディコトミカス、サーモアクチノマイセス・インターメディウス、サーモアクチノマイセス・プチダス、サーモアクチノマイセス・サッカリから選択された少なくとも一つ、特にサーモアクチノマイセス・ブルガリスT7-1(FERM AP-20919)である。T7-1株は、森林土壌から、50℃の温度条件下でポリ乳酸を分解可能な微生物として分離された菌であり、形態的特徴は放線菌に類似しているが、内生胞子を有し、プラスチックの分解について優れた能力を有する。この微生物の培養条件及びプラスチックの分解処理条件としては、pH6.0~8.0、50~55℃が好ましい。
展開可能なシーズ プラスチックを効率よく分解可能なプラスチック分解方法及びこれに利用可能な微生物を提供する。
プラスチックを効率よく分解可能なプラスチック分解方法及びこれに利用可能な微生物を提供することができる。T7-1株はポリブチレンサクシネート・アジペート(PBSA)を7日間で分解し、その分解活性は従来の菌株よりも優れている。
用途利用分野 プラスチック分解
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人静岡大学, . 徳山 真治, . プラスチックの分解方法及び微生物. 特開2007-319077. 2007-12-13
  • C12N   1/20     

PAGE TOP