TOP > 技術シーズ検索 > 強磁性金属充填カーボンナノチューブ素子及びそれを用いたデバイス

強磁性金属充填カーボンナノチューブ素子及びそれを用いたデバイス

シーズコード S110005387
掲載日 2011年1月11日
研究者
  • 林 靖彦
  • 徳永 知春
  • 藤田 武志
技術名称 強磁性金属充填カーボンナノチューブ素子及びそれを用いたデバイス
技術概要 一種類以上の磁性金属を含む金属を内包もしくは充填するために、基板に内包もしくは充填する金属薄膜を積層する。金属を内包もしくは充填する金属を積層した基板を用いてナノチューブを成長することで、成長と同時にこれらの金属内包もしくは充填する。成長条件を制御することで、チューブ内の金属を分離して内包もしくは充填することができる。これにより、金属を内包もしくは充填した単一のナノチューブからの磁性特性を電子線ホログラフィー法で観察することで、金属からの明らかな磁気力線を確認することができ、磁気センサーなどの磁気デバイスへの応用が可能となる。また、金属はナノチューブの中に閉じこめられているため、直接大気に触れることがなく、金属の酸化などから防ぐことができ、磁気センサーなどに応用した場合には安定した特性が得られる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-107470_1.gif thum_2006-107470_2.gif
研究分野
  • 固体デバイス材料
  • 固体デバイス製造技術一般
  • 固体の製造・処理一般
展開可能なシーズ 磁性金属をチューブ内に完全に充填もしくは、チューブ先端に内包する強磁性金属充填カ-ボンナノチュ-ブ素子及びそれを用いたデバイスを提供する。
単層・多層カーボンナノチューブに二種類以上の磁性金属を含む金属を内包もしくは充填することが可能となる。金属を分離して内包もしくは充填するバーコードタイプ強磁性金属充填カーボンナノチューブも可能となる。大気などに暴露されることがないため安定した磁気センサーデバイスが作製可能となる。
用途利用分野 磁気ランダムアクセスメモリデバイス、磁気センサー、磁気力顕微鏡
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 名古屋工業大学, . 林 靖彦, 徳永 知春, 藤田 武志, . 磁性金属内包カーボンナノチューブ素子. 特開2007-277061. 2007-10-25
  • C01B  31/02     
  • G01R  33/02     
  • H01L  29/06     
  • B82B   1/00     

PAGE TOP