TOP > 技術シーズ検索 > 音源定位・同定装置

音源定位・同定装置

シーズコード S110005395
掲載日 2011年1月11日
研究者
  • 岩田 彰
  • 黒柳 奨
技術名称 音源定位・同定装置
技術概要 音源定位・同定装置は、マイクロフォン2、3にそれぞれ接続された左右の入力信号処理部6、7と、入力信号処理部6、7の両方に接続された音源定位部8と、入力信号処理部7に接続された音源同定部9とを備える。なお、音源同定部9は、入力信号処理部6、7の少なくとも一方に接続されればよい。音源定位部8は、時間差特徴検出部10と定位用CONPアルゴリズム部11とを備える。音源同定部9は、前段の同定用CONPアルゴリズム部12と後段の同定用CONPアルゴリズム部13とを備える。なお、音源定位・同定装置1は、学習を行ってから音源の認識を行う。入力信号処理部6、7、時間差特徴検出部10、定位用CONPアルゴリズム部11、同定用CONPアルゴリズム部12、及び、同定用CONPアルゴリズム部13は、いずれも、複数のパルスニューロンモデル(PNモデル)により構成されたニューラルネットワークからなる。PNモデルとは、入出力信号としてパルス列を用いるニューロンモデルを言う。音源定位・同定装置1では、各PNモデルはディジタル回路で構成される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-260853.gif
研究分野
  • ニューロコンピュータ
  • 人工知能
  • 音響測定
展開可能なシーズ 音源定位と音源同定の2つの機能の実装を容易化するとともに、実用的な演算速度を実現可能な音源定位・同定装置を提供する。
パルスニューロンモデルという共通の要素を大量にFPGA等のデバイス上に実装することで実現でき、音源定位と音源同定の2つの機能の実装が容易である。そして、パルスニューロンモデルにおける演算がディジタル回路上で並列的に実行されることとなるため、実用的な演算速度を実現可能である。
用途利用分野 音源定位部、音源同定部
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 名古屋工業大学, . 岩田 彰, 黒柳 奨, . 音源定位・同定装置. 特開2008-085472. 2008-04-10
  • H04R   3/00     
  • G10L  21/02     
  • H04R   1/40     
  • G06N   3/00     
  • G06N   3/063    
  • G10L  11/00     
  • G01S   3/802    

PAGE TOP