TOP > 技術シーズ検索 > コンテンツ販売装置及びコンテンツ販売方法

コンテンツ販売装置及びコンテンツ販売方法

シーズコード S110005402
掲載日 2011年1月11日
研究者
  • 曽根原 登
  • 釜江 尚彦
技術名称 コンテンツ販売装置及びコンテンツ販売方法
技術概要 コンテンツ販売システム100は、販売対象であるディジタルコンテンツを蓄積するコンテンツデータベース205と、ディジタルコンテンツの一部を無料または低料金で開示し、ディジタルコンテンツの利用度を取得するテストコンテンツサーバ201と、ディジタルコンテンツを有料で開示、販売する有料コンテンツサーバ202と、テストコンテンツサーバおよび有料コンテンツサーバを制御し、ディジタルコンテンツの開示度を設定するコンテンツ販売制御装置204を備える。このコンテンツ販売制御装置またはテストコンテンツサーバ201は、設定された開示度と取得された利用度を用いて開示度と利用度の関係データを作成し、かつ、一方のコンテンツ販売制御装置204は、開示度と利用度の関係データに基づいてディジタルコンテンツの新たな開示度を設定すると共に、ディジタルコンテンツを2つのサーバのうち、いずれのサーバから提供するかを判定する。テストコンテンツサーバから有料コンテンツサーバへの移行は、開示度と共に利用度が増加し、高開示度での利用度の増加率が低開示度での利用度の増加率より大きい場合に行う。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-063391.gif
研究分野
  • マーケティング
  • 品質管理一般
展開可能なシーズ ディジタルコンテンツをネット販売するに際し、段階的に開示しながら評判を高めて販売するディジタルコンテンツについて、販売前にコンテンツの評判を高められ、購入前に品質を確認できるような開示の仕方が実施できるようにする。
販売対象の一部を無料または低料金で段階的に開示するデータベースを蓄積するテストコンテンツサーバと、コンテンツを有料で開示・販売する有料サーバを設け、測定された開示度と利用度の関係に基づいて2つのサーバのうち、いずれからコンテンツを提供するかを判定して開示度を段階的に制御するので、販売者にとって販売前にコンテンツの評判を高められ、利用者にとって購入前に品質を確認できるような開示の仕方ができる。
用途利用分野 ディジタルコンテンツ販売
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 情報・システム研究機構, . 曽根原 登, 釜江 尚彦, . コンテンツ販売装置及びコンテンツ販売方法. 特開2007-241674. 2007-09-20
  • G06Q  30/00     
  • G06F  13/00     

PAGE TOP