TOP > 技術シーズ検索 > 磁気式位置姿勢センサを用いた手指用モーションキャプチャ計測方法

磁気式位置姿勢センサを用いた手指用モーションキャプチャ計測方法

シーズコード S110005474
掲載日 2011年1月12日
研究者
  • 吉村 昇
  • 水戸部 一孝
  • 玉本 英夫
技術名称 磁気式位置姿勢センサを用いた手指用モーションキャプチャ計測方法
技術概要 磁気式位置姿勢センサを用いた手指用モーションキャプチャ計測方法は、ケーブルを細線化した小型軽量のトランスミッタ1個と指骨に1個ずつ1本の指に合計3個、手の甲部1個の合計片手16個のセンサを用いた磁気式3次元位置姿勢センサを用いて手指の動きを計測する。さらに、大きさの異なる手指でもトランスミッタおよび16個のセンサを装着するため、トランスミッタと手の甲部のセンサは伸縮性のある面ファスナーを巻きつけて装着するグローブに固定し、その他のセンサは伸縮性に富むテーピングを用いて装着する。磁気式位置姿勢センサを用いた手指用モーションキャプチャ計測方法において、16個のセンサ装着時の位置及び角度のズレを補正するため、トランスミッタの位置と姿勢を固定し、それよりy0離れた位置に座標軸Xに平行な直線Lを描き、指を直線Lの左右に揃えることで装着者の手指の形状を測定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-062659.gif
研究分野
  • 生体計測
  • 医療用機器装置
  • 磁気の計測法・機器
展開可能なシーズ 手指の繊細な動きを記録・再現するための磁気式位置姿勢センサを用いた手指用モーションキャプチャ計測方法を提供する。
この磁気式位置姿勢センサを用いた手指用モーションキャプチャ装置は、測定できなかった手指の全ての関節における回転成分やズレまでもサブミリ精度で240Hzのサンプリングレートで計測出来る。小型軽量のトランスミッタと16個のセンサに加え、センサケーブルの細線化により指先などの小さな部位への装着を可能にしている。さらに、手指に16個のセンサを一定の姿勢で安定して装着するために解剖学的知見を踏まえた装着ユニットの技術開発により,汎用性の高い手指のモーションキャプチャを実現する。
用途利用分野 ピアノ演奏教習
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人秋田大学, . 吉村 昇, 水戸部 一孝, 玉本 英夫, . 磁気式位置姿勢センサを用いた手指用モーションキャプチャ計測方法. 特開2007-236602. 2007-09-20
  • A61B   5/11     
  • G01B   7/00     
  • G01B   7/30     

PAGE TOP