TOP > 技術シーズ検索 > 胃ペースメーカーナビゲーションシステム

胃ペースメーカーナビゲーションシステム

シーズコード S110005476
掲載日 2011年1月12日
研究者
  • 伊藤 正直
  • 水戸部 一孝
  • 吉村 昇
技術名称 胃ペースメーカーナビゲーションシステム
技術概要 胃ペースメーカーナビゲーションシステムは、胃壁に電極ユニットを接触させ、胃壁内の電位変化を測定する。接触させる電極ユニットが3組の双極電極で構成され、3組の双極電極で測定された胃電図波形の位相差から解析プログラムにより波の伝播方向および伝播速度を決定する。少なくとも任意の2箇所における胃電図測定で胃ペースメーカーの局在が同定できる。全身麻酔下に開腹後、接続ケーブルを接続した電極ユニット(A)を胃の漿膜面に密着させ測定を開始する。波形が安定後、まず胃前壁の任意の点でサンプリングと伝播方向を解析し方向(1)を得る。次に、はじめの点と離れた口側の別の測定ポイントで同様に測定し方向(2)を得る。(a)に示すように方向(1)と方向(2)の交点にペースメーカーが存在すると決定できる。さらに局在を極めるために、(b)に示す如く、電極ユニット(B)を密着させ測定し、ペースメーカーが各電極の内側に存在することを確認し、位置を最終決定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-070108.gif
研究分野
  • 生体計測
  • 医療用機器装置
展開可能なシーズ 手術中に胃ペースメーカーの局在を明らかにすることが可能となる胃ペースメーカーナビゲーションシステムを提供する。
手術中に胃ペースメーカーの局在が明らかにできれば、それを温存することで残胃機能を良好にすることが可能になる。胃切除における切離線が現在のような経験や目分量ではなく、機能を考慮しながら理論的に決定されることになり、それにより術後残胃機能不良による影響が軽減され、また新しい胃切除術式の開発にも貢献できる。
用途利用分野 胃切除手術、胃ペ-スメ-カ-ナビゲ-シヨンシステム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人秋田大学, . 伊藤 正直, 水戸部 一孝, 吉村 昇, . 胃ペースメーカーナビゲーションシステム. 特開2007-244537. 2007-09-27
  • A61B   5/0488   
  • A61B   5/0408   
  • A61B   5/0478   
  • A61B   5/0492   

PAGE TOP