TOP > 技術シーズ検索 > 胸腺腫合併重症筋無力症の診断方法

胸腺腫合併重症筋無力症の診断方法

シーズコード S110005486
掲載日 2011年1月12日
研究者
  • 吉川 弘明
  • 岩佐 和夫
  • 山田 正仁
技術名称 胸腺腫合併重症筋無力症の診断方法
技術概要 被験者から単離した末梢血中における、IL-12p40及び/又は抗IL-12p40抗体のレベルを指標として、被験者の重症筋無力症と胸腺腫の合併の有無を検査する。IL-12p40及び/又は抗IL-12p40抗体の量が健常人に比較して有意に高い場合に、被験者は胸腺腫を合併した重症筋無力症である可能性が高いと評価できる。重症筋無力症又は胸腺腫の検査用キットも提供する。キットは、IL-12p40あるいはその断片、及び/又は抗IL-12p40抗体を含み、被験者の重症筋無力症と胸腺腫の合併の有無を検査できる。キットは、構成要素に加えて、ラベル体の検出のための試薬、反応用緩衝液、酵素、基質等、必要な他の要素を含んでいてもよい。
研究分野
  • 血液検査
  • 腫ようの診断
展開可能なシーズ 胸腺腫合併重症筋無力症MGの免疫学的特徴を解明し、胸腺腫合併重症筋無力症MG患者における胸腺腫合併の有無を簡便かつ早期に診断する方法を提供する。
胸腺腫合併MGの免疫学的特徴を初めて明らかにしたもので、その治療及び診断において極めて有用である。MG患者における胸腺腫合併の有無を簡便かつ早期に診断することが可能であり、胸腺腫合併MG患者の治療と予後の改善を図ることができる。
用途利用分野 自己免疫疾患、テンシロンテスト、誘発筋電図検査、血液検査、抗アセチルコリン受容体抗体陽性、テンシロンテスト陽性、化学療法、放射線療法
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人金沢大学, . 吉川 弘明, 岩佐 和夫, 山田 正仁, . 胸腺腫合併重症筋無力症の診断方法. 特開2008-039472. 2008-02-21
  • G01N  33/53     

PAGE TOP