TOP > 技術シーズ検索 > 発光輝度の持続性に優れたナノシリコン粒子とその製造方法

発光輝度の持続性に優れたナノシリコン粒子とその製造方法

シーズコード S110005530
掲載日 2011年1月12日
研究者
  • 佐藤 慶介
  • 平栗 健二
  • 松本 哲矢
技術名称 発光輝度の持続性に優れたナノシリコン粒子とその製造方法
技術概要 紫外光線又は可視光線を照射することにより蛍光発光する粒子サイズ3.5nm以下のナノシリコン粒子を劣化防止保護膜で被覆した、発光輝度の持続性に優れたナノシリコン粒子であり、基板上に塗布したナノシリコン粒子の表面に、高周波プラズマCVD法により、劣化防止保護膜(例えば、ダイヤモンド状炭素膜)を被覆して製造する。劣化防止保護膜が、エタノール、トルエン、純水、又は、生理食塩水を含む各種溶液に対して耐薬品性、耐腐食性があり、生体適合性に優れている。図中に、溶液内における劣化防止膜を被覆した試料と被覆していない試料に係る蛍光発光強度の経時変化を示す。劣化防止保護膜を被覆していない試料では、溶液に浸漬した直後から、時間の経過とともに、その蛍光発光強度が減衰する。これに対し、劣化防止保護膜を被覆した試料については、溶液に浸漬後も安定的な蛍光発光を維持し、長期間の保存後においても、その蛍光発光は、肉眼で認識できる輝度を保持している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-071644.gif
研究分野
  • 固体デバイス材料
  • 固体デバイス製造技術一般
  • 固体の製造・処理一般
展開可能なシーズ 高輝度でかつ安定的に蛍光発光する劣化防止保護膜を被覆した発光輝度の持続性に優れたナノシリコン粒子と、その製造方法を提供する。
溶液内において、ナノシリコン粒子の表面に、安定した保護膜を被覆し、従来の手法では得ることが困難であった、高輝度でかつ安定的に蛍光発光するナノシリコン粒子を製造することができる。
用途利用分野 ディスプレイ、照明器具、化粧品、衣料品、服飾品、医薬品、医療用デバイス
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京電機大学, . 佐藤 慶介, 平栗 健二, 松本 哲矢, . 発光輝度の持続性に優れたナノシリコン粒子とその製造方法. 特開2007-246329. 2007-09-27
  • C01B  33/02     
  • C23C  16/27     
  • C23C  16/505    
  • C09K  11/08     
  • C09K  11/59     

PAGE TOP