TOP > 技術シーズ検索 > 植物培養方法及び植物培養装置

植物培養方法及び植物培養装置

シーズコード S110005549
掲載日 2011年1月12日
研究者
  • 久米 篤
  • 唐原 一郎
技術名称 植物培養方法及び植物培養装置
技術概要 植物培養装置1は、培養する植物2を収容する複数のバケット3と、バケット3を揺動可能に支持して水平面上で回転可能に取付けられたスイングローター4と、スイングローター4を回転させる回転駆動部5と、スイングローター4の回転軸上であって、バケット3よりも上方に取付けられている光源6と、光源6の照射光量を調節する光量調節部9と、スイングローター4の回転軸上で光源6の位置を上下に調節する位置調節部10と、光源6から照射される光の光質を調節する光質調節部13とを備えており、スイングローター4の一端には、バケット3を揺動可能に支持する支持部7が設けられている。これにより、容器を周回させることで、容器に遠心力が作用するため、地上において長時間安定して過重力状態を作り出すことができ、植物を培養することができる。また、植物に光を照射することにより、植物の培養が促進されるため、過重力状態において適切に植物を培養することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-168945.gif
展開可能なシーズ 過重力状態で適切に植物を培養することができ、より幅広い重力環境で植物の培養を行うことが可能である植物培養装置及び植物培養方法を提供する。
過重力環境下における植物の培養によって、植物の二次代謝産物に関わる遺伝子発現を変化させる。リグニン合成系の遺伝子発現が低下することによる、リグニンの減少は、野菜などの食味改善、製紙工業などの有用技術開発に繋がる可能性があり、他の有用二次代謝産物の発現量が増大する可能性もある。
用途利用分野 過重力状態培養植物、過重力状態植物培養装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人富山大学, . 久米 篤, 唐原 一郎, . 植物培養方法及び植物培養装置. 特開2007-330219. 2007-12-27
  • A01G   7/00     
  • A01G   9/02     

PAGE TOP