TOP > 技術シーズ検索 > 位置測定装置

位置測定装置

シーズコード S110005639
掲載日 2011年1月14日
研究者
  • 都築 伸二
技術名称 位置測定装置
技術概要 移動体に設けられたマイク部2と、複数のスピーカ部1と、それぞれのスピーカ部1に異なる可聴域のM系列音源データを供給する音源データ供給装置と、同期信号発生装置を有する。マイク部より送信される同期信号要求信号に対応して同期信号を同期信号発生装置からマイク部および音源データ供給装置を経由してスピーカ部へ電力線6を介して送信し、スピーカ部1からマイク部2への音の伝達時間差によって移動体の位置を測定する。音源データ供給装置からマイク部への同期信号の送信を行う電力線アンテナが音源データ供給装置に設けられており、この電力線アンテナが送信に使用する送信波長の1/2またはその整数倍の長さのシールドを音源データ供給装置の動力線に設ける。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-225931.gif
研究分野
  • 移動通信
  • 音響一般
  • 長さ,面積,断面,体積,容積,角度の計測法・機器
展開可能なシーズ 簡易な構成により、可聴音を使用して移動体の位置を高精度で測定できようにする。
簡単な構成でありながら、高い精度で移動体の位置を測定でき、比較的小型の障害物のある場所でも使用できる。測定結果を検定することにより比較的大型の障害物がある場合は測定結果に大きな誤差を有していることを検知できる。既設の電力線をアンテナにすることにより同期信号の到達範囲を容易に広げることができる。
用途利用分野 ホームロボット、アクティブバット、障害物回避能力、軌道計画能力
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人愛媛大学, . 都築 伸二, . 位置測定装置. 特開2008-051564. 2008-03-06
  • G01S  11/14     
  • G01S   5/30     

PAGE TOP