TOP > 技術シーズ検索 > 洗浄剤組成物、洗浄方法および被洗浄物品

洗浄剤組成物、洗浄方法および被洗浄物品

シーズコード S110005659
掲載日 2011年1月14日
研究者
  • 二川 浩樹
技術名称 洗浄剤組成物、洗浄方法および被洗浄物品
技術概要 洗浄剤組成物は、式(1)で表されるケイ素含有化合物(例えば、オクタデシルジメチル(3-トリメトキシシリルプロピル)アンモニウムクロライド)を含有する。また、さらに式(2)で表される陽イオン界面活性剤(例えば、ヘキサデシルトリメチルアンモニウムクロライド)および/またはN-ココイル-アルギニンエチルエステルピリドンカルボン酸塩、および非イオン界面活性剤(例えば、ソルビタンラウリレート、ポリオキシエチレンソルビタンモノラウレート)からなる群から選ばれた界面活性剤とを、含有する。〔式(1)および式(2)中、R1、R11は炭素原子数10~25のアルキル基を示し、R2、R3、R12、R13およびR14は同一または異なっていてもよい炭素原子数1ないし6の低級アルキル基を示し、R4は炭素原子数1ないし6の低級アルキレン基を示し、R5、R6およびR7は同一または異なっていてもよい炭素原子数1ないし6の低級アルキル基またはアルコシ基を示し、X、Yはハロゲンイオンまたは有機カルボキニルオキシイオンである。〕。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-288883_1.gif thum_2006-288883_2.gif thum_2006-288883_3.gif
研究分野
  • 合成洗剤
展開可能なシーズ 抗菌性能、洗浄性能およびその持続性に優れている洗浄剤組成物を提供する。
インプラント、クラウン、ブリッジ、矯正用ブラケット、歯科用ワイヤーなどの歯科材料、とくに義歯洗浄剤としては、口腔内で使用中にも微生物の増殖によるデンチャープラークの形成を阻止することができ、さらに、食器、メガネ、流し、台所まわり、便器、トイレ周り、浴槽、浴室周り、洗面ボウル、洗面所周り、繊維製品また被服への洗浄作用、抗菌作用およびその持続性にも優れている。
用途利用分野 義歯洗浄剤、歯科材料洗浄剤、繊維製品洗浄剤、被服洗浄剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人広島大学, . 二川 浩樹, . 洗浄剤組成物および洗浄方法. 特開2007-146134. 2007-06-14
  • C11D   3/26     
  • A61K   8/37     
  • A61K   8/39     
  • A61K   8/44     
  • A61K   8/58     
  • A61Q  19/10     
  • C11D   1/62     
  • C11D   1/68     
  • C11D   1/74     

PAGE TOP