TOP > 技術シーズ検索 > 平面伸張粘度測定方法及び平面伸張粘度測定装置

平面伸張粘度測定方法及び平面伸張粘度測定装置

シーズコード S110005694
掲載日 2011年1月14日
研究者
  • 高橋 勉
  • 白樫 正高
  • 河野 稔弘
技術名称 平面伸張粘度測定方法及び平面伸張粘度測定装置
技術概要 容器6に砲弾型ボブ2を押し込むことにより側面隙間Gで非ニュートン流体9を平面伸張状態とする。このとき砲弾型ボブ2が受ける反力Fを測定し、この反力Fとユーザが入力した各条件とを用いて、押し上げ力と、反力Fと、側面隙間Gの水平断面積とに基づいて当該側面隙間Gでの平面伸張応力σを算出する。これを平面伸張速度ε’で除して平面伸張粘度ηPEを求めるようにしたことにより、高粘度の非ニュートン流体だけでなく、固形状に形成し難い低粘度の非ニュートン流体であっても平面伸張粘度を求めることができる。高粘度及び低粘度の流体について平面伸張粘度の解析を進めることができる。反力から押し上げ力を減算することにより、隙間内での平面伸張変形による押し下げ力を求め、隙間の水平面積で押し下げ力を除することにより平面伸張応力を算出する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-053934.gif
研究分野
  • 粘性,粘弾性の計測法・機器
展開可能なシーズ 高粘度及び低粘度の流体について平面伸張粘度の解析を進めることができる平面伸張粘度測定方法及び平面伸張粘度測定装置を提供する。
反力と押し上げ力と隙間の水平面積とを用いることにより、高粘度流体だけでなく、固形状に形成し難い低粘度流体であっても平面伸張粘度を求めることができる。種々の粘度を有した流体について平面伸張粘度の解析を進めることができる。増加浮力と底面押し上げ抗力と粘性抵抗力とを用いることにより、高粘度流体だけでなく、固形状に形成し難い低粘度流体ついても押し上げ力を算出することができる。
用途利用分野 非ニュートン流体、回転粘度計
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人長岡技術科学大学, . 高橋 勉, 白樫 正高, 河野 稔弘, . 平面伸張粘度測定方法及び平面伸張粘度測定装置. 特開2007-232539. 2007-09-13
  • G01N  11/10     
  • G01N  11/00     

PAGE TOP