TOP > 技術シーズ検索 > 波長可変短パルス光源を用いた光デバイスの特性評価システム

波長可変短パルス光源を用いた光デバイスの特性評価システム

シーズコード S012000166
掲載日 2002年1月29日
研究者
  • 後藤 俊夫
研究者所属機関
  • 名古屋大学 大学院工学研究科
研究機関
  • 名古屋大学 工学研究科
技術名称 波長可変短パルス光源を用いた光デバイスの特性評価システム
技術概要 光通信における情報量の増大に伴い、より広い波長帯を用いた情報伝送が必要になり、用いるデバイスの波長依存性や周波数特性の評価が重要になってくる。従来、デバイスの特性を広帯域に評価する際には、数種の光源や装置を交替で用いる必要があり、測定も容易ではなかった。本システムでは、光源から出力される広帯域に波長可変な超短パルス光を用いて、デバイスの波長依存性や周波数特性を、単一のコンパクトなシステムで容易に測定できる。従ってこのものは次のような効果を奏するものである。fsファイバーレーザーから出力される短パルス光を光ファイバーに入射し、ファイバー中の非線形効果によって、波長のシフトしたfsソリトンパルスを生成し、このソリトンパルスを被測定デバイスに入射させ、サンプリングオシロスコープを用いて時間応答を観測する。さらに、観測結果をコンピュータを用いてフーリエ変換し、被測定デバイスの周波数応答特性を評価することも可能。また、光デバイスの量子効果の波長依存性を測定することもできるし、光スイッチ等に用いられる半導体可飽和吸収素子の時間応答特性も測定できる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S012000166_01SUM.gif S012000166_02SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 近年の光通信技術の発展に伴い、光デバイスの時間応答にますます高速化が求められるようになりつつあり、それらの特性を評価することが難しくなってきている。従来の光通信用デバイスは、現在1550m/m帯の狭い帯域においてだけ用いられていて、その特性評価には狭帯域の光源と光変調器が用いられてきた。従前の短パルス光源は装置が大きく取扱いが困難で、しかもパルス光の波長を変化させるのに複雑な光学措置が必要で測定が難しかった。
研究分野
  • 光導波路,光ファイバ,繊維光学
展開可能なシーズ (1)波長可変短パルス光源を用いた光デバイスの評価システム
用途利用分野 各種光デバイスの特性評価
光化学、生物系の分野における高速光応答測定
関連発表論文 (1)家田浩司, SINGH B P, 森正和, 後藤俊夫, 宮内彰. 予備変調方式によるハーモニックモードロックErドープファイバリングレーザの予備変調周波数依存性. 電子情報通信学会大会講演論文集. vol.1994,no.3,1994,p.508.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 後藤 俊夫, 西澤 典彦, . 光デバイスの特性評価システム. 特開2000-258299. 2000-09-22
  • G01M  11/00     

PAGE TOP